HOME | アーカイブ | 教務室便り | 2015 | 呼んでくださる神様のもとへ、歩いて行こう

呼んでくださる神様のもとへ、歩いて行こう

 こんにちは。「たまちゃんの部屋」にようこそ!おいでくださいました。
 今日は、前回の続きをお話したいと思います。前回は、イエス様の私たち人間に対するお心がよく分かる次の3つのお言葉をお伝えしました。
 
「安心しなさい。立ちなさい。あなたをお呼びだ」
  (『新約聖書』マルコによる福音書 第10章49節)
 
 実は、このお言葉とそっくりなお言葉が!
 
「恐れるな、わたし(=神様)はあなたを贖う。あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ」
  (『旧約聖書』イザヤ書 第43章1節)
 
 心配しなくてもいい。もうわたしがあなたを癒した(救った)。あなたを造ったわたしは、いつもあなたの名前を呼んでいるんだよ。あなたは、ほかのもの(所有)じゃなくて、「わたしのもの」。そうだから、わたしが責任をもってちゃんとあなたを守り続けていくよ。
 
 『聖書』は、神様からあなた宛てに贈られた愛の手紙、ラブレターです。その愛の手紙からは、あなたを呼ばれる声が繰り返し発信されています。私たちはみんな、その同じ神様に呼ばれているのですから、ご一緒に、声のする方へ、歩いていけたらなと思います、<私たち人間の思い(込み)>から飛び出して。
 
 「あなたはわたしのもの」。ただ神様のみが、あなたの主人です。人生が本当に幸せになる鍵は、<神様のお心>を知ることにある。つい先日、私の地元の先輩から届いた「アメジストセージ」(写真)はボウボウといった感じですが、この花も、神様に造られ、神様に”この場所で咲きなさい”といって置かれた花。<神様のお心>にすっかりお任せするようにして、田舎の地で、のびのび自由に育っていることに、「ほっ」とします。自分は自分らしく、「神様のもの」としてのアイデンティティーを、しっかりと心に秘めて、歩いて行けたらなと思う今日この頃です。
 
 次回は、11月中旬の予定です。
 私たちを造り、呼んでくださる神様が、あなたのことも私のこともお守りくださいますように。

のびのび咲く「アメジストセージ」

(2015/10/26)