HOME | メッセージ | メッセージ(2017年度)

メッセージ(2017年度)

 梅雨が明け、夏本番の季節になりました。夏休みに入った子供たちの賑やかな声、眩しい太陽、活気にあふれた楽しい季節です。
 そして同時に、この時季は平和について考える時でもあります。今、私たちは平和でしょうか。確かに、私たちは戦闘のさなかにいるわけではありません。けれども、戦争が起きていなければ平和かといえば、決してそうではありません。私たちの心の中には不安があります。憎しみがあります。苛立ちがあります。誰かの言葉によって傷ついた痛みが、今も疼いています。このような思いが心の中に渦巻いている限り、私たちは平和だとは言えません。
 イエス様はそんな私たちの只中に来てくださいました。私たちにまことの平和を与えるためにです。
 
「どうか、平和の主御自身が、いついかなる場合にも、あなたがたに平和をお与えくださるように。主があなたがた一同と共におられるように。」
(テサロニケの信徒への手紙二 第3章16節)
 
(2017/8/1)


 日々暑さが増し、夏が近づきつつあります。草花も動物もみな命輝かせる季節ですが、私たち人間は今日の生活に疲れてしまうこともしばしばです。そんなときは、ぜひ教会においでください。神の恵みに満たされて、また歩み出すことが出来るはずです。
「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」
(マタイによる福音書11章28節)
 
(2017/6/1)


 イースター、おめでとうございます。
十字架につけられて死んだイエス・キリストは、3日目に復活されました。
この出来事を、「荒唐無稽なたわ言」と受け止めるのも当然ですが、キリスト者は「死はすでに破られた、新しい命が与えられた」と喜んで生きます。「喜び、喜べ」と言える人生のスタートがここにあります。
 
(2017/4/1)