HOME | 説教 | 説教(2008年度) | 新しい命に生きる

新しい命に生きる

説教要旨( 8月10日 朝礼拝 )
エゼキエル書 第18章30 ~ 32節
ローマの信徒への手紙 第 6章 1 ~ 4節
倉橋康夫

 パウロは、<では、どういうことになるのか。恵みが増すようにと、罪の中にとどまるべきだろうか。>、と言います。神の救いの恵みの絶大さを語ると、それなら、安心して罪にとどまっていて良い、と考える人々がいたのです。人間は何やかやと理屈をつけて、罪にとどまりたい、と願ってしまうものだ、ということでしょう。そこに、人間の悲しい本音のあることをパウロは知らされていました。福音を語り続けることによって、嫌というほど直面した人間の有り様でした。
 パウロはそのような考え方に対して、<決してそうではない>、と激しく否定します。そんなことがあってたまるか、そんなことにならないように、とのパウロの祈るような思いが込められています。何故なら、「恵み」とは、主イエス・キリストによる恵み以外ではなく、主の十字架の死と復活の出来事を指すのであって、その主の恵みが、罪の中にとどまる口実にされるなどとんでもない、とのパウロの思いがあるからです。
 そこで、恵みを与えられた、ということは、どういうことなのかについて語ります。それは、<罪に対して死んだ>ということだ、と。罪との関係が断ち切られた、罪の中にぬくぬくと生きる心地良さを捨て去ったのです。従って、<なおも罪の中に生きる>状態に戻ることは考えられないのです。<罪の中に>とは、罪に浸って、罪の思いのままに、ということです。そこでは、言い訳や居直りしかなく、罪との戦いも悔い改めもありません。
 併せて読んだ、エゼキエル書 第18章で、神の裁きの宣言は悔い改めへの招きであることが鮮明に語られています。バビロン捕囚の只中にあって、苦難を味わっていたイスラエルの民に、主なる神は何よりも悔い改めを求められたのです。主なる神のみ前に、いつでも人間の為すべきことが何であるかが示されています。
 ところで、罪の思いのままに生きる生き方と絶縁して生きるとは、神との交わりの中で、神のみ旨に沿って生きる、ということです。人は、信仰によってどう変わるか、何が変わるかと言うと、それは神に対する態度が一変するということです。神のことが第一のこととなり、神のみ心に従って生きていきたい、と願うようになるのです。それは、罪との訣別であり、少なくとも、罪との訣別への決断であって、どうにかして罪にとどまろうとすることとは正反対です。
 そこでパウロは、ひとたび恵みを与えられた、ということは、個人個人の体験において、具体的にはどのようなことなのか、について語ります。主キリストの十字架の死と復活による救いが、個人個人にどのようにして手渡されるかと言うと、洗礼によってだ、と言います。神の救いは、単なる理論でも思想でもなく、その人を根底から変える体験であり、根源的な経験がる筈だ、と言うのです。
 <それともあなたがたは知らないのですか>、とパウロは迫ります。主キリストに結ばれるために洗礼を受けたのは、主の死に与るために洗礼を受けたということだ、と。<キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けた>とは、「キリスト・イエスの中へと浸された」という意味です。この主キリストは、人間の罪のために十字架で死なれた主であり、そして同時に、父なる神によって死者の中から復活させられた方です。この主キリストの中へと浸された者は、先ず<罪に対して死んだ>のであり、そして、主が死者の中から復活させられたように、「新しい命に生きる」ことができる、と言います。主キリストの十字架の死も復活も、私たちが「新しい命に生きる」ためだった、と言うのです。
 今や既に、私たちは新しい命に生かされています。罪に対して死に、自らの復活の望みに生きる、否、今既に永遠の命の中に生かされているからです。<新しい命に生きる>の「生きる」は「歩く」という字です。この地上の生活を、一歩一歩踏みしめて歩いて行く私たちなのです。
 

説教一覧(2008年度)

2008.04.06
不信心な者を義とする方
2008.04.13
わたしの食べ物
2008.04.20
福音の射程
2008.04.27
信仰の父アブラハム
2008.05.04
神の約束に生きる
2008.05.11
ここに水があります
2008.05.18
信仰によって強められ
2008.05.25
今の恵み
2008.06.01
聖霊によって、神の愛が
2008.06.08
あなたがたは、決して信じない
2008.06.15
まことの神であり、まことの人
2008.06.22
神の怒りからの救い
2008.06.29
向きを変えて、行きなさい
2008.07.06
神を喜びを誇る
2008.07.13
良くなりたいか
2008.07.20
罪が死をもたらす
2008.07.27
恵みの豊かさ
2008.08.03
恵みが支配する
2008.08.10
新しい命に生きる
2008.08.17
驚いてはならない
2008.08.24
神に属すること
2008.08.31
主と一体になって
2008.09.07
神に生きる
2008.09.14
あなたたちが救われるために
2008.09.21
自分自身を神に献げよ
2008.09.28
自由と服従
2008.10.05
賜物としての永遠の命
2008.10.12
あなたの中にある光
2008.10.19
新しい生き方
2008.10.26
この人たちに食べさせる
2008.11.2
わたしたちの本国
2008.11.9
恐れることはない
2008.11.16
父なる神さま
2008.11.23
永遠の命に至る食べ物
2008.11.30
神に背負われて行く道
2008.12.7
罪が掟を利用し
2008.12.14
天から降ってきたパン
2008.12.21
主キリストのご降誕
2008.12.28
聖なる律法
2009.01.04
罪の正体
2009.01.11
命を与える霊
2009.01.18
撃ち破られてはならない
2009.01.25
惨めさからの救い
2009.02.01
主キリストに結ばれて
2009.02.08
備えられている時
2009.02.15
人となられた神の御子
2009.02.22
霊の思いは命と平和
2009.03.01
アッバ、父よ
2009.03.08
真実な人
2009.03.15
苦しみと栄光
2009.03.22
さあ、立ち上がりなさい
2009.03.29
虚無と希望