HOME | 説教 | 説教(2008年度) | 自由と服従

自由と服従

説教要旨( 9月28日 朝礼拝 )
詩編 第33編 1 ~11節
ローマの信徒への手紙 第 6章15~23節
倉橋康夫

 本日の個所の直前の14節で、<罪は、もはや、あなたがたを支配することはない・・・・・ あなたがたは律法の下ではなく、恵みの下にいる>、との言葉を受けて、<恵みの下にいるのだから、罪を犯してよい>、と言い出す者がいた、或いは予想されたようです。しかしパウロは、断固として否定します。第6章の初めでもそうであったように、<決してそうではない>と言い、次に<知らないのですか>と言って、身近な例を引き合いに出しながら、救われた者の生き方とはどのようなものなのか、を説明します。そしてここでは、分かり易い例として、奴隷のあり方を考えてみよう、と言うのです。<あなたがたは、だれかに奴隷として従えば、その従っている人の奴隷となる。>、と。そして、そこには、罪の奴隷か、神への従順か、二つの選択肢しかない、と指摘します。
 この<従順>という字は、「聞く」が語源です。聴いて従うこと、聴従です。その声は、どのような声なのでしょうか。確かに、私たちは、色々な声を聞き分けながら生活をしています。この世の中には様々な声が入り混じり、響き渡っております。そこで、服従すべき声、神の声、主キリストの声を聞き分け、選び取って、私たちは生きています。(ヨハネ福音書 第10章3 ~ 5、14 ~ 16節参照)
 神の声に聴き従う道とは、神の言葉に服従する道です。どこからともなく聞こえてくる神の声なのではなく、既に与えられている神のみ言葉のことです。それは、第一義的には、聖書そのものです。併せて読んだ、詩編 第33編に、神のみ言葉への信頼と讃美が歌われています。<4主の御言葉は正しく/御業はすべて真実。/5主は恵みの業と裁きを愛し/地は主の慈しみに満ちている。・・・・・11主の企てはとこしえに立ち/御心の計らいは代々に続く。>、と。
 そしてまた、聖書から導き出された言葉も神の言葉と言えるでしょう。17、18節に、次のように言われています。<17しかし、神に感謝します。あなたがたは、かつては罪の奴隷でしたが、今は伝えられた教えの規範を受け入れ、それに心から従うようになり、18罪から解放され、義に仕えるようになりました。>、と。ここで先ず、<しかし、神に感謝します。>、と言っています。どちらの奴隷として、自分自身を献げるか、その人の主体的決断に掛かっていることを指摘しつつも、神の言葉に服従する者となったことについて、神に感謝を捧げるのです。<義に仕えるようになりました>は、「義に仕えるようにされた」(受動態)です。背後には、神の導き、神の選びがあった、と信じているのです。神の言葉に服従する歩みは、神ご自身が働いて下さるのでなければ、不可能であることを、信仰者は一番良く知っていることです。
 <伝えられた教えの規範>とは、教理・信条と考えて良いでしょう。単数形であることから、その核心部分、主キリストの出来事、十字架と復活(これは表裏一体)を指す、と考えることもできます。キリスト教信仰を受け入れ、その信仰によって生きるようになったことを、パウロは、<罪から解放され、義に仕えるようになりました。>、と言います。義とは、何よりも神の義です。そして、義への服従とは、神のみを神とすることであり、神の奴隷となって、神のみ言葉に聴き従い、神の為し給うことに一切を委ねて生きることです。そこに、罪から自由にされた者の生き方があります。
 「自由と服従」と言うと、相反すること、矛盾することのように見えます。しかし、「自由と服従」とは、救われた者の生き方に他なりません。主キリストは、<あなたがたは世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。>(ヨハネ16 : 33)、と言われました。主と共に歩んで下さり励まして下さいます。心許ない私たちの歩みではあります。しかし、聖霊の助けによって、罪からの自由と義への服従に生きる者として、進んで参りましょう。
 

説教一覧(2008年度)

2008.04.06
不信心な者を義とする方
2008.04.13
わたしの食べ物
2008.04.20
福音の射程
2008.04.27
信仰の父アブラハム
2008.05.04
神の約束に生きる
2008.05.11
ここに水があります
2008.05.18
信仰によって強められ
2008.05.25
今の恵み
2008.06.01
聖霊によって、神の愛が
2008.06.08
あなたがたは、決して信じない
2008.06.15
まことの神であり、まことの人
2008.06.22
神の怒りからの救い
2008.06.29
向きを変えて、行きなさい
2008.07.06
神を喜びを誇る
2008.07.13
良くなりたいか
2008.07.20
罪が死をもたらす
2008.07.27
恵みの豊かさ
2008.08.03
恵みが支配する
2008.08.10
新しい命に生きる
2008.08.17
驚いてはならない
2008.08.24
神に属すること
2008.08.31
主と一体になって
2008.09.07
神に生きる
2008.09.14
あなたたちが救われるために
2008.09.21
自分自身を神に献げよ
2008.09.28
自由と服従
2008.10.05
賜物としての永遠の命
2008.10.12
あなたの中にある光
2008.10.19
新しい生き方
2008.10.26
この人たちに食べさせる
2008.11.2
わたしたちの本国
2008.11.9
恐れることはない
2008.11.16
父なる神さま
2008.11.23
永遠の命に至る食べ物
2008.11.30
神に背負われて行く道
2008.12.7
罪が掟を利用し
2008.12.14
天から降ってきたパン
2008.12.21
主キリストのご降誕
2008.12.28
聖なる律法
2009.01.04
罪の正体
2009.01.11
命を与える霊
2009.01.18
撃ち破られてはならない
2009.01.25
惨めさからの救い
2009.02.01
主キリストに結ばれて
2009.02.08
備えられている時
2009.02.15
人となられた神の御子
2009.02.22
霊の思いは命と平和
2009.03.01
アッバ、父よ
2009.03.08
真実な人
2009.03.15
苦しみと栄光
2009.03.22
さあ、立ち上がりなさい
2009.03.29
虚無と希望