HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 偽りのない愛

偽りのない愛

説教要旨( 4月18日 朝礼拝 )
アモス書 第5章11~15節
ローマの信徒への手紙 第12章 9~ 21節
倉橋康夫

 本日の聖書個所の冒頭は、<愛には偽りがあってはなりません>という、印象深い言葉です。我々の愛が偽りであってはならない、偽善的であってはならない、と言います。パウロのこの勧めは、私たち人間の愛が偽善に陥り易いことを示唆しています。
 ところで、「偽りのない愛」に生きる者たちは、<悪を憎み、善から離れず>にいます。悪を憎むとは、悪を恐れて逃げる、恐れて身を隠す、という意味です。悪には近づかないようにする、といった、消極的な意味の言葉です。しかし同時に、キリスト者は、最早悪に魅力を感じない、興味を持たなくなった、近づいてみたいとも思わない、ということです。
 そして逆に、善から離れない、と言います。「離れない」という字は、糊で貼り付けるという意味です。善にぴったりと貼り付けられて、最早離れようがないのです。ですから、善から引き剥がされそうになる時、激しい痛みを感じるようになります。それ故に、悔い改めの心が湧き起こるのです。神の許へと連れ戻されます。
 併せて読んだ、アモス書 第5章では、<町の門>で行われる不正を諌めています。<町の門>では、様々な事態や事件に対して判断が下されていました。町の門は、公平な判定のされるべき場所なのです。しかし、実際はそれに反していたのです。それ故、主なる神は、<14 善を求めよ、悪を求めるな/お前たちが生きることができるために。・・・ /15 悪を憎み、善を愛せよ/・・・>、と言われるのです。
 扨て、続いて、様々な勧めが並べられています。その中で、<怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい>、と言われます。私たちキリスト者の生き方は、主に仕えることを目指すものです。そして、主なる神への奉仕の原点は、礼拝です。主なる神を礼拝する、主キリストを礼拝する。そこから、整えられて、主が教えられたように、互いに仕え合う歩みへと導かれていきます。
 そのように、主に仕える生活は、怠らず励み、霊に燃えて営まれる、と言うのです。怠け者であってはならない。礼拝への参加においても、教会への奉仕においても、互いに仕え合う時にも、と言います。
 そして、何よりも、霊に燃えているようにと勧められます。この「霊に燃えている」ことについては、エマオへの途上の弟子たちの経験に通じます。<2人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。>(ルカ24 : 32)、とあります。霊に燃えるということも、主キリストに出会い、み言葉に深く触れることによって、心が熱くなること、と言えます。信仰生活の中心的な経験です。
 そして次に、<希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。>、と勧められます。私たちキリスト者は、苦難の中にあっても、希望を与えられ、それ故に喜んでいられる、と言います。苦難を苦難として味わいながらも、神に希望を置くことができる、ということです。神に信頼し続けることができるのです。
 それ故に、たゆまず祈るのです。祈りとは、神との対話です。絶えず、私たちは神と話しています。色々なことについて、神と語り合いながら生きております。これが、キリスト者の生活です。だから、どんな苦難の中にあっても、希望を失うことはありません。その神こそ、主イエス・キリストをお遣わし下さった方、あの主の十字架の死と復活を通して、我々を救いに入れて下さった方だからです。
 このようにして教会を形作るキリスト者の歩みは、「偽りのない愛」に生きる姿です。自らの愛の貧しさを嘆かざるを得ない私たちですが、聖霊の助けと導きにより、神の愛に結び付けられて、「偽りのない愛」に生きる者として、歩んで行きたいと思います。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか