HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 復讐からの解放

復讐からの解放

説教要旨( 5月16日 朝礼拝 )
申命記 第32章35節
ローマの信徒への手紙 第12章 9~21節
倉橋康夫

 ロマ書のこの長い段落を読み進んできて、最終回です。本日は、19節からですが、パウロはローマの信徒に対して、改めて<愛する人たち>、と呼び掛けます。そして、自分で復讐するな、と勧めます。「復讐する」には、「罰する」、「裁く」という意味もあります。自分の方が悪いにも拘わらず、しかし腹の虫が治まらないから仕返しをする、といったことではなく、罰するとか、裁くかように、復讐するという場合です。
 パウロは、<神の怒りに任せなさい>、と言います。人間が、復讐したいと思う時、自分が正しいと考えて憤っている場合があります。しかし、復讐を求めるような憤りであるならば、その場所を神の怒りに明け渡しなさい、と言うのです。「復讐する」に、罰する、裁く、という意味があるように、罰し、裁くのは神のみの為し得ることです。人間が自分の正しさを主張し、自分の立場を貫こうとした結果、様々な悲惨な事態を招く事例は、世界史において、また個人史において数知れないところです。
 私たちは、ここでも、あの主イエス・キリストの十字架の出来事を思い起こすべきです。あの出来事は、人間が、自分たちの正しさを振り回し、怒りを我がものとして振る舞った結果でした。或る人は、「主イエスの十字架は、人間の怒りの具体的な、究極的な表現です。」、と言っています。主の十字架を見上げる時、私たちは、自らの間違った怒り、罪の姿を映し出されます。
 そこでパウロは、併せて読んだ、次の申命記 第32章35節から引用します。
 <わたしが報復し、報いをする。
 彼らの足がよろめく時まで。
 彼らの災いの日は近い。
 彼らの終わりは速やかに来る。>
 ここでは、自らを正しいとし、傲慢に振る舞う者たちの滅びをも指し示しています。罰すること、裁くことのできる方は、主なる神のみであることが示されています。
 このことは、主イエス・キリストの十字架の出来事にも妥当します。それは、人間の罪の姿を映し出すと同時に、そこに神の怒りそのものが重ね合わさる出来事だったからです。つまり、人間の怒りが越権して、主イエス・キリストを十字架に架けた出来事において、神の裁きの業が遂行され、罪を罰する方は神のみであることが貫かれたのです。神のみ子が十字架につけられ、殺された出来事が、実は、父なる神が、み子において人間の罪を罰せられた・人間の罪の清算をされたみ業だったのです。
 神の怒りによる復讐・裁きは、私たち人間こそが受けるべきものでした。にも拘わらず、神はみ子にそれを負わせ、私たちには赦しを与えて下さいました。正当に復讐し得る方が、それをされなかった。それどころか、赦して下さった。ここに、私たちの「復讐からの解放」があります。それは、神の復讐・裁きからの解放である、と共に、私たち自身の復讐心からの解放でもあります。思い上がりからの解放です。
 そして、そのように、神の恵みの許に生きる者の生き方について、「敵の頭に炭火を積む」(箴言 第22章21、22節)を引用します。パウロは次の21節で、<悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。>、と言うように、<善>を行うことを考えているのです。虚心坦懐に、単純な気持ちで、助けの手を差し伸べるように、と。その結果、相手は<燃える炭火>を、頭に積まれることになる、と言います。相手が苦しい思いをすることですが、「炭火を頭に積む」とは、悔い改めを促すことを意味しています。つまり、相手が苦しむのは、悔い改めの苦しみを味わうことであり、結局は救いへの備えとなることです。
 このように、「復讐からの解放」は、私たち自身の救いであり、そしてまた、私たちが高ぶりから解放され、そして、全ての人々を神の恵みへと招く歩みとなるのです。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか