HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 我らは主のもの

我らは主のもの

説教要旨( 7月 25日 朝礼拝 )
イザヤ書 第45章 22~25節
ローマの信徒への手紙 第14章 1~12節
倉橋康夫

 本日のロマ書の7節に、<わたしたちの中には、だれ1人自分のために生きる人はなく、だれ1人自分のために死ぬ人もいません。>、とあります。私たちキリスト者の生涯は全て、主キリストのため、主なる神のためのものだ、と言うのです(8節a)。パウロはここで、<わたしたちの中には、だれ1人>と言って、キリスト者全て、例外なく、自分のためなのではなく、主のために生き、主のために死ぬ、そのように一生を歩み抜くのだ、と言います。
 何か特別な仕事をする、ということではなく、私たちの生き方の全てが、「主のため」なのです。どんな働きをするかではなく、どのように生きるか、ということです。<従って、生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものです。>、と言います。ハイデルベルク信仰問答の「序 唯一の慰め」が思い起こされます。この問1「生きている時も、死ぬ時も、あなたのただ1つの慰めは、何ですか。」の答えは、「わたしが、身も魂も、生きている時も、死ぬ時も、わたしのものではなく、わたしの真実なる救い主イエス・キリストのものであることであります。・・・ したがって、主は、その聖霊によってもまた、わたしに、永遠の生命を保証し、わたしが、心から喜んで、この後は、主のためにいきることのできるように、して下さるのであります。」です。
 パウロは言います。<9 キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです。>、と。主キリストは十字架の死と復活によって、<死んだ人>と<生きている人>、全ての人の主となられた、と。但し、全ての人とは、可能性であり、現実ではありません。主キリストを拒絶する者は、主のものとされることも拒否しているからです。
 いずれにしても、私たちが、主のものとされるために、神のみ子が十字架に死に、そして復活させられる、という出来事が必要だった、ということです。このようにして、私たちは、主キリストのものとされました。従って、主のために生きるとは、主キリストのもの、主なる神のものとして生きる、ということです。全てのキリスト者に共通して言えることは、主のものとして生きる、主のものとされているその慰めに生きる、ということなのです。色々なことができる時もあれば、殆ど何もできなくなることもあります。けれども、主のものとされている喜びは、常に信仰者を包み込んでいます。
 それなのに、何故兄弟姉妹を裁くのか、侮るのか、とパウロは再び私たち人間の不遜な思いを問題にする。そして、<わたしたちは皆、神の裁きの座の前に立つのです。>、と言います。裁き得る方は、神のみであること、そして私たち自身は、裁かれる側にあることに、気づかせようというのです。そこで、併せて読んだイザヤ書から引用して、<「主は言われる。/『わたしは生きている。/すべてのひざはわたしの前にかがみ、/すべての舌が神をほめたたえる』と。」>、と言います。主なる神のみ前において、全ての膝がかがみ、全ての舌が讃美する、と。礼拝する群・礼拝共同体なのです。私たちは、何よりも、礼拝する群れであることを指摘します。
 そして、裁きの座については、<自分のことについて神に申し述べることになる>、と言います。「申し述べる」とは、心を開いて洗いざらい話すことです。キリスト者にとって、裁きの座は、主キリストの執り成しを得て、自分の全てをさらけ出す場です。私たちは、主のものとされて、裁きの座に向かって歩む群れです。主が伴って下さる、そして、養って下さいます。「我らは主のもの」と言ってはばかることはありません。それが許されている群れです。「我らは主のもの」 この確信の下に、与えられた信仰の歩みを共々に進めて参りましょう。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか