HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 愛に従って歩む

愛に従って歩む

説教要旨( 8月 1日 朝礼拝 )
イザヤ書 第53章 6~ 10編
ローマの信徒への手紙 第14章13~23節
倉橋康夫

 パウロは、ここで改めて、<13 従って、もう互いに裁き合わないようにしよう>、と言います。これまで、信仰の弱い人は裁き、強い人は軽蔑する・侮る、と区別していたのを、裁くという言葉だけで表現するのです。<互いに裁き合わないように>、と。主イエスが山上の説教で既に教えておられたこと(マタイ7 : 1以下)を、パウロも知っていたのでしょう。パウロはここで、人間の裁く心を問題にします。弱い者、強い者の区別と関係なく、互いに裁き合う心を捨てよう、と。
 ところで、<つまずきとなるもの>と<妨げとなる物>を取り上げます。前者は、偶然的な物で、道端の石ころなどのことです。後者は、意図的なもので、落とし穴などのことです。どちらも他人の歩みを躓かせ、妨げるのです。そのようなことにならないように、兄弟姉妹に対して十分に配慮することを<決心しなさい>、と言います。
 そこで、食べ物のことに即して、話を進めます。<14 それ自体で汚れたものは何もないと、わたしは主イエスによって知り、そして確信しています。>、と言います。マルコ福音書 第7章で、主イエスも同様のことを指摘しておられます。
 けれども、問題は、ある食べ物を汚れたものだ、思い込んでいる人に対してどう振る舞うか、ということです。その人にとっては、汚れている、食べてはいけない、と思っている以上は、その食べ物は汚れたものとなっているからです。ここでは、何が正しいか、という議論ではありません。
 パウロ自身としては、食べ物に惑わされない生き方が、キリスト者の自由な生き方だと考えています。けれども、それは他の兄弟姉妹に押し付けることではないのです。<あなたの食べ物について兄弟が心を痛めるならば、あなたはもはや愛に従って歩んでいません。>、と言います。兄弟姉妹が、信仰の友が、心を痛め、苦しむのをそのままにして、自分の好きなように振る舞うとするならば、あなたはもはや愛に従って歩んではいない、と言うのです。
 <食べ物のことで兄弟を滅ぼしてはなりません。>、は大げさな表現のように思えます。けれども、食べ物ごときによって、躓き倒れてしまうこともある私たち人間の弱さ・脆さを、パウロは知っているのです。信仰の仲間を大切にしながら、共に歩む、そこに信仰者の群れの姿があるのです。それが、「愛に従って歩む」ということだ、とパウロは言います。
 そこで、パウロが指摘することは、<キリストはその兄弟のために死んでくださった>、という事実です。パウロが、キリスト者としての生き方を考える場合、常に見据えていたことは、主キリストが私たちの救いのために死んで下さったことです。
 併せて読んだイザヤ書 第53章6節以下は、苦難の主の僕の姿を映し出しています。ここに、主キリストの死の意味が指し示されている、と言えます。この主キリストの十字架の愛に結ばれて生きるのが、キリスト者の生き方である、と言うのです。従って、「愛に従って歩む」とは、主キリストの愛によって歩むということに他なりません。
 パウロは、<キリストはその兄弟のために死んでくださった>、と言います。ここでは、「その兄弟のためにも」となっていません。私たちもまた、主は自分のために十字架に架かって下さった、と受け止めているところです。
 人間的な弱さ・欠点を抱えながらの私たちの歩みです。けれども、主キリストの十字架と復活という出来事、その神の恵み・救いに入れられた者たちの群れとしての歩みです。そうであるからには、「愛に従って歩む」群れなのです。上よりの助け、導きを祈り求めつつ、「愛に従って歩む」ひとり1人として、「愛に従って歩む」キリストの教会として、共々に進んで参りましょう。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか