HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 神の国は義と平和と喜び

神の国は義と平和と喜び

説教要旨( 8月 8日 朝礼拝 )
詩編 第16編 7~11節
ローマの信徒への手紙 第14章13~23節
倉橋康夫

 パウロは、<17 神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。>、と言います。ここで、パウロは「神の国」という言葉を使っています。ロマ書で、ここだけで用いられます。神の国とは、「神の支配」と訳すこともできます。パウロは、主キリストによる神の恵みに結ばれていることを、神の国・神の支配と言い換えたと考えられます。
 そして、神の国は、<聖霊によって与えられる義と平和と喜び>である、と言います。神の国は義。義とは、神のみ前において、良しとされることです。既に、語られていたように、私たちにとっては、信仰による義以外にはありません。主キリストによる救い以外にはないのです。正に、主キリストによる神の恵みのご支配の下に、迎え入れられることに他なりません。神の国は平和。このことについても、人間にとって、神の許に迎え入れられること以上の平和・平安はありません。「主よ、我が魂はあなたの懐に憩うまでは安きを得ない」、とアウグスティーヌスが言った通りです。そして、この平和は、人と人との平和をも齎します。そして、神の国は喜び。神との関係、人との関係が修復され、満たされた時、真の喜びがある、と言うことができます。神の国は、いつまでも変わることのない喜びを味わわせるものなのです。
 このような神の国は、主キリストの名によって集められた教会を意味している、と考えられます。つまり、「教会は義と平和と喜び」だ、と言うのです。しかし、現実の教会の姿は、多くの欠けや破れを抱え込んでおり、確かに、神の国と同一視することはできません。けれども、教会の歩みは、義と平和と喜びを約束された歩みなのです。十全な意味で、「神の国は義と平和と喜び」と言い得るのは、終末の完成の時である、と言うべきでしょう。しかし、その確かな約束の下に、私たちの教会の歩みがあります。しかも、義と平和と喜びを、部分的ではあれ、既に味わいながらの歩みです。
 併せて読んだ、詩編 第16編には、神のご支配に身を委ねて生きる者の幸いが謳われています。正に、義と平和と喜びに満たされている者の姿があります。<8 わたしは絶えず主に相対しています。/主は右にいまし/わたしは揺らぐことがありません。/9 わたしの心は喜び、魂は躍ります。/からだは安心して憩います。・・・ /11 ・・・わたしは御顔を仰いで満ち足り、喜び祝い右の手から永遠の喜びをいただきます。>、と。この詩編の記者が謳いあげた、喜びが主キリストによって成就したことを、パウロは指し示している、と言えます。私たちは、神のご支配の中に置かれ、また、主キリストが共に歩んで下さっているので、この喜びを今味わうことができます。
 扨て、<18 このようにしてキリストに仕える人は、神に喜ばれ、人々に信頼されます。>、と言います。キリスト者となった者は、主キリストに仕える者だと言います。ここの「仕える」という字は、奴隷として仕えることです。主キリストのものとして生きる、ということです。このように、義と平和と喜びに生きるキリスト者の生活は、神に喜ばれ、人々にも信頼されます。そこで、19節。 <19 だから、平和や互いの向上に役立つことを追い求めようではありませんか。>、と言います。<互いの向上に役立つこと>とは、どちらかを排除するのではなく、強い者も弱い者も1つの体として建て上げられることです。そこに、義と平和と喜びに生きる教会の姿があります。
 「神の国は義と平和と喜び」。このことを、私たちの教会が証しすることができるのは、聖霊に支えられ、導かれる時です。弱い私たちの歩みですが、聖霊の助けを求めつつ、「神の国は義と平和と喜び」であることを味わいながら、その証しを立てる教会として、共に歩んで参りましょう。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか