HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 平和の源なる神

平和の源なる神

説教要旨(11月28日 朝礼拝 )
創世記 第32章23~33節
ローマの信徒への手紙 第15章30~33節
倉橋康夫

 パウロは、この手紙を実質終わるに当たり、ローマの教会の人々に、改めて<兄弟たち>と呼びかけて、<わたしたちの主イエス・キリストによって、また、“霊”が与えてくださる愛によってお願いします。>、と言います。<主イエス・キリストによって>とは、パウロが主キリストによって福音のための使徒として立てられており、その使徒として願うことだからです。また、<“霊”が与えてくださる愛によって>、と言います。これは、神の愛に結ばれて生きるのは、聖霊が与えて下さること、聖霊のみ業であるということです。この神の愛から、私たちを引き離すものは何もない(8 : 38、39)と言えるのは、聖霊のみ業の中に生かされているからです。このように、共に、聖霊が与えて下さる神の愛に結ばれている者として、お願いする、と言います。
 この当時のパウロの事情については、使徒言行録 第18章以下に記されていますが、パウロは伝道活動の先々で、ユダヤ人たちの妨害に遭って、散々苦労をさせられていました。ユダヤ教のキリスト教迫害集団の者たちから、命を狙われるまでになっていたのです。このように、厳しい環境にあって、パウロはこの手紙を書き終えてから、エルサレムに行こうとしています。このような中で、パウロはローマの教会の人々に、<わたしのために>祈って欲しい、<わたしと一緒に神に熱心に祈ってください。>、と懇願しているのです。熱心に祈るとは、祈りにおいて苦闘することです。パウロは、ローマの教会の人々に、祈りの苦闘を共にしてくれるように、と求めているのです。
 併せて読んだ、創世記 第32章23 ~ 33節には、ヤコブが必死に祈ったことが記されています。ヤコブは、神との取っ組み合いによって、つまり、祈りの苦闘を通して、祝福を与えられました。神は祝福を無償で、自由に、豊かにお与え下さるに違いありません。けれども、それを棚ボタ式のものと考えてはならないでしょう。それを受ける私たちの側に、それを祈り求める熱意がないなら、与えられることはないのです。 
 扨て、パウロは、祈りの苦闘を共にして欲しいと願い、そのことによって期待することの1つに<ユダヤにいる不信の者たちから守られ>ること、といいます。パウロはこの後、エルサレムに上って行き(使徒21 : 23 以下)、ユダヤ人たちのリンチに遭い、騒ぎを聞いて駆けつけた、ローマ兵に捕らえられます。ローマ兵に捕らえられたお陰で、難を逃れたのです。
 そして、更に、エルサレムに赴き、所期の目的を果たして、<32 こうして、神の御心によって喜びのうちにそちらへ行き、あなたがたのもとで憩うことができるように。>、と言います。神のみ心は、パウロがローマ兵に捕らえられ、裁判を受けるために、ローマへ護送される、という形で示されます。パウロは、囚われの身のままで、ローマの教会の人々との交わりを得ます。囚人という形ではあっても、ローマの教会の人々との交わりを喜び、そして、牢獄から各地に手紙を書いて諸教会を励まし、パウロはローマで殉教することになります。
 パウロは、この手紙の締め括りの部分の終わりに当たって、<平和の源である神があなたがた一同と共におられるように>、との祈りの言葉を記します。「平和」は、福音の中心です。復活された主が、弟子たちに言われた言葉が、平和があるように、平安あれ、でした(ヨハ20 : 19)。平和とは、何よりも、罪赦され、神との交わりに入れられること、神との永遠の命に生かされることです。そして、人々の間に和解が築かれることです。そのような祝福された生活は、平和の神、「平和の源なる神」が共にいて下さる所で実現します。「平和の源なる神」が、常に共にいて下さるよう祈りを熱くし、神の祝福を祈り求めつつ、此の週も信仰の歩みを進めて参りましょう。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか