HOME | 説教 | 説教(2010年度) | この方こそ神の子

この方こそ神の子

説教要旨( 3月20日 朝礼拝 )
イザヤ書 第53章6~12節
ヨハネによる福音書 第 1章29~34節
倉橋康夫

 前日、洗礼者ヨハネは、自分は影の存在でしかない、と言うことによって、光の存在を示唆していましたが、今や朝の光の中で、光そのものであられる主イエス・キリストを、直接指し示します。その証言は、朝の光の中を歩んで来られる主イエスを見て、行われます。<29 その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。>、と。私たちはここで、併せて読んだ、イザヤ書 第53章を思い起こさせられます。<6 わたしたちは羊の群れ/道を誤り、それぞれの方角に向かって行った。/そのわたしたちの罪をすべて/主は彼に負わせられた。> イザヤは、<罪をすべて>彼は負う、と言いますが、洗礼者ヨハネは、彼は<世の罪を取り除く>、と言うのです。神の小羊は、世の罪を負うことによって、それを取り除くのだ、と。<神の小羊>とは、神によって立てられた小羊、しかも、犠牲の小羊として選ばれたのです。
 ここで、洗礼者ヨハネは、主イエスを知っている者として、主イエスとはどのような方であるかを(つまり、「世の罪を取り除く神の小羊として」)指し示しています。ヨハネは、以前は主イエスを知らなかったのです(31,33節)。26節では、<あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる>、とも言っていました。あなたがたも知らず、自分も知らなかった方、<18 いまだかつて、神を見た者はいない>と言われているように、知る得べくもないそのような方が、今ここに近づいて来られる、とヨハネは告げます。しかも、今やヨハネは、その主を知っている者、知らされた者として指し示すのです。
 ヨハネが主イエスを知り得たいきさつは、<32 そしてヨハネは証しした。「わたしは“霊”が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見た。33 わたしはこの方を知らなかった。しかし、水で洗礼を授けるためにわたしをお遣わしになった方が、『“霊”が降って、ある人にとどまるのを見たら、その人が、聖霊によって洗礼を授ける人である』とわたしに言われた。>、と記されている通りです。このヨハネの経験は、共観福音書が、主イエスの受洗の出来事として伝えているものです。しかし、ヨハネは、出来事をそのまま伝えるのではなく、その経験によって明らかにされた中身を指し示します。聖霊が降ってある人の上にとどまるという徴を、具体的に鳩の姿を見る経験を通して、悟り知ったのです。ヨハネはこのことから、主イエスこそが、聖霊による洗礼を授ける方であることを悟りました。しかも、それを知らせた方は、自分を遣わした方・神である、と言うのです。
 ところで、ここでヨハネが見い出したことは、これまで知り得なかった、全く新しいことでした。つまり、<この方こそ神の子である>、と言い得る方を発見したのです。あなたがたの知らない方、わたしも知らなかった方を、私は知って、知らされて、証しをする、<この方こそ神の子である>、とヨハネは言います。知らなかった方の到来、未知なる方、神の子が来られた。その方は、<世の罪を取り除く神の小羊>として来られたのです。
 そして、その方のみ業・世の罪を取り除くということは、聖霊による洗礼によって、確かなものとなる、と言います。水の洗礼は、ただそれだけではなく、聖霊を付与され、罪を除くものへと高められる、と言うのです。それは、犠牲として立てられた「神の小羊」による洗礼であり、神の子・キリストの十字架の死が前提とされるのです。ヨハネは<34 わたしはそれを見た。だから、この方こそ神の子であると証ししたのである。」>、と言います。私たちも同様に、この方こそ未知なる方、思い浮かべもしなかった方で、この方にこそ救いと望みがある、と証しする歩みを続けていくのです。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか