HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 何を求めているのか

何を求めているのか

説教要旨(3月27日 朝礼拝 )
詩編 第27編7~10節
ヨハネによる福音書 第 1章35~42節
倉橋康夫

 序文・プロローグが終わって、福音書の物語が始まります。
 そこで最初に語られるのは、洗礼者ヨハネのことです。ヨハネの洗礼運動を調査するために送られて来た<祭司やレビ人たち>が、ヨハネに問いかけます。<彼らは、洗礼者ヨハネに、<「あなたはどなたですか」>、と質問します。それに対するヨハネの返答は、<「わたしはメシアではない」>というものでした。このようにヨハネが返答したのは、ヨハネをメシアと誤解する動きのあったことを意味します。しかし、<彼は公言して隠さず>、きっぱりとそれを否定し、拒否します。
 そこで、彼らは次に、<「では何ですか。あなたはエリヤですか」>と尋ねます。預言者エリヤが神の裁きの日の先駆者として来る、との待望があったからです。マラキ書 第3章23、24節参照。これに対しても、ヨハネは、<「違う」>の1言で退けます。そして、更に続く質問の、<「では、あの預言者ですか」>についても、<「そうではない」>と否定するのです。あの預言者とは、申命記 第18章15~18節に約束されているように、終末時に登場する、モーセのような指導的預言者のことです。
 洗礼者ヨハネは、自分は決して「終末的救済者」でもないし、その脇役的な者でもない、ときっぱり告げます。しかし、主イエスご自身は、洗礼者ヨハネについて、<預言者以上の者>(マタイ 11 : 9)、と高く評価され、また、<現れるはずのエリヤ>(マタイ 11 : 14)と言われ、<エリヤは既に来た>(マタイ 17 : 12)とも言われています。洗礼者ヨハネをそのように位置づけ、評価することは正当です。ヨハネの生涯が、そのことを証ししているからです。
 ヨハネは、第3章30節で、<あの方は栄え、わたしは衰えねばならない。」>、と言っています。しかし、ここにこそ、主キリストが、<預言者以上の者>と呼ばれた理由を見ることができるのです。「わたしは・・・・・ではない」、と言うことによって、自分が何者であるかを言い表したヨハネは、最後に、もし「わたしは、・・・・・である」と言うとするならば、「主の道をまっすぐにせよとの声」である、と言います。
 併せて読んだ、イザヤ書 第40章 3節に、<呼びかける声がある。/主のために、荒れ野に道を備え/わたしたちの神のために、荒れ野に広い道を通せ。>、と記されています。共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)では、洗礼者ヨハネは、「荒れ野で呼ばわる者」と言いますが、ヨハネ福音書だけは、「声」である、とのヨハネ自身の言葉として伝えています。自分は、声を発する主体ではなく、声を発する方は他におられ、その方が響かせて下さるならば、自分の全てを以って、その方のみ旨を指し示す声となる、ということです。そして、その声は<『主の道をまっすぐにせよ』>、と告げるのです。メシアをお迎えするために、道備えをせよ、と言うのです。
 続く、洗礼に関する問答においても、ヨハネは、自分は「水」で洗礼を授けるが、来るべき方について、<わたしはその履物のひもを解く資格もない>程の方である、と証言します。「来るべき方」は“霊”的な洗礼を授ける、との含みがあります。<「・・・ あなたがたの中には、あなたがたの知らない方がおられる」>、と告白します。この方がおられるのでなければ、ヨハネの洗礼は意味をなさないのです。
 洗礼者ヨハネは、その方をお迎えする準備をさせるために、「主の道をまっすぐにせよとの声」なのです。その方とは、言うまでもなく主キリストです。その声は、今なお、荒れ野なる全世界に、荒れ野なる人々の内面に向かって、そして、教会においても響き渡る声です。主をお迎えする最上の準備とは、真実なる悔い改めに他なりません。信仰の歩みを更に進めて参りましょう。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか