HOME | 説教 | 説教(2011年度) | 水と霊とによって生まれる

水と霊とによって生まれる

説教要旨( 5月15日 )
エゼキエル書 第36章25~28節
ヨハネによる福音書 第2章23~第3章15節
倉橋康夫

 ヨハネ福音書の第2章23~25節で、主イエスがしるしを行われ、それを見た多くの人が主イエスを信じた、とされています。そのしるしが、具体的にどのようなものであったかは分かりませんが、少なくとも、人々を驚かせ、感心させるようなものであったことは確かです。そのことについて、<24 しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった。・・・>、と記されています。ここには、主イエスの厳しい姿勢があります。自分たちの求めるようなしるしを根拠に、自分たちの流儀で、信じるというあり方は、主イエスによって拒否されるのです。
 扨て、そこで、イスラエルの民の指導者の1人である、ファリサイ派のニコデモの話へと移ります。彼は、<ある夜>主イエスの所に訪れます。夜、人目を忍んで来たのです。ニコデモ自身が言うように、主イエスのなさったしるしを見て信じた者の1人です。しかしながら、そのニコデモに対して、主イエスは、「新しく生まれる」ということについて、問いかけられます。<3 イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」>、と。
 「はっきり言っておく」とは、厳かに宣言するかのように告げる時の、主イエスの言い方です。神の国を見るためには、新しく生まれなければならない。自分の望むようなしるしを求め、それによって、自分流儀に信じていても、神の国を見ることにはならない。人間がその根底から変えられること・「実存の変革」なしに、神の国・神のご支配を見出すことはできない、と言うのです。
 そして更に、再び厳かに宣言するかのように言われます。<5 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。>、と。ここでは、神の国に入ると言われ、「水と霊とによって生まれる」と言い換えられます。明らかに、洗礼を示唆しています。水が象徴的に用いられる洗礼は、単に水だけによる儀式ではなく、霊・聖霊の働きが同時に起こる奇跡的な出来事なのです。単に、人間の側の決心・決意に留まるものではなく、神のみ業が行われるのです。
 併せて読んだ旧約聖書は、エゼキエル書 第36章です。主なる神が「水と霊とによって」イスラエルの民を清め、また民に<新しい心>を与え、民の中に<新しい霊>を置く、という約束が告げられています。ここに、洗礼によってもたらされる事態と同じことが示されています。
 主イエスは、ニコデモに対して、水と霊とによる洗礼を受けて、人は神の国に入る・移される、と言われます。密かに、主イエスに敬服し、主イエスを信頼するとしても、それだけでは、本質的には何も変わらないのです。この頃のニコデモのあり方は、そのようなものでしかありませんでした。主イエスは、密かに信じる者から、公然と信仰を告白し、水と霊とによる生の変革が与えられ、自分が究極的に帰属するところを見据えて生きる者になるように、と招かれるのです。
 主イエスは、<8 風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊から生まれた者も皆そのとおりである。」>、と言われます。主イエスは、風に譬えて、聖霊の働きを指し示されます。聖霊の自由な働きに身を委ねて、この地上の事柄に支配されない、ゆったりとした、ゆとりを持った歩みが、神の国に移された者の生き方である、と言うのです。それが、<霊から生まれた者も皆そのとおりである>、と言われる真意なのです。このように、主イエスは「水と霊とによって生まれる」ことの素晴らしさを明らかにされます。私たちは、この恵みの中に生かされているのです。
 

説教一覧(2011年度)

2011.04.03
わたしに従いなさい
2011.04.10
隅の親石
2011.04.17
ぶどう酒になった水
2011.04.24
驚くべき主の御業
2011.05.01
新しき神の家
2011.05.08
神を畏れ、王を敬え
2011.05.15
水と霊とによって生まれる
2011.05.22
永遠の命と裁き
2011.05.29
はじまり
2011.06.05
あの方は栄え、わたしは衰える
2011.06.12
一同は聖霊に満たされ
2011.06.19
神をほめたたえる幸い
2011.06.26
永遠の命に至る水
2011.07.03
まことの礼拝
2011.07.10
その傷によって、あなたがたは癒された
2011.07.17
神の備え給う道
2011.07.24
み言葉を信じて
2011.07.31
あなたはわたしの愛する子
2011.08.07
命の恵みを共に受け継ぐ
2011.08.14
主イエスに力を与えられ
2011.08.21
試みを受けられた主
2011.08.28
神と等しい方
2011.09.04
今やその時
2011.09.11
祝福を受け継ぐ
2011.09.18
主イエスについての証し
2011.09.25
神からの誉れ
2011.10.02
命のパンのしるし
2011.10.09
父である神をたたえる
2011.10.16
わたしだ。恐れることはない。
2011.10.23
苦難と希望
2011.10.30
信じる
2011.11.06
天への凱旋
2011.11.13
キリストの勝利
2011.11.20
短い信仰告白
2011.11.27
朽ちない食物
2011.12.04
主イエスのもとへ
2011.12.11
かつてと今
2011.12.18
主イエスによって生きる
2011.12.25
飼い葉桶の乳飲み子
2012.01.01
去るか留まるか
2012.01.08
神の恵みの善い管理者
2012.01.15
時を支配し給う神
2012.01.22
わたしについて来なさい
2012.01.29
主の真実によって
2012.02.05
主キリストは神の御許から
2012.02.12
勝利を約束されている苦難
2012.02.19
主イエスの行かれる所
2012.02.26
生ける信仰
2012.03.04
主イエスへの態度決定