HOME | 説教 | 説教(2011年度) | 一同は聖霊に満たされ

一同は聖霊に満たされ

説教要旨(6月12日)
ヨエル書 第3章1~5節
使徒言行録 第2章1~13節
上田容功

 ペンテコステと呼ばれている聖霊降臨日は、クリスマス、イースターと共に、キリスト教の三大祝日の一つです。ペンテコステというギリシア語は「50番目」を意味します。私たちの救いが成し遂げられたイエス・キリストの十字架の出来事から数えて50日目がペンテコステです。この日、約束されていた聖霊が降りました。聖霊に満たされた弟子たちが主の復活の証し人として立てられ、福音を大胆に語り出し、そのことによって、キリスト教会が誕生した日。それがペンテコステです。
 使徒言行録第2章にはペンテコステの出来事が記されています。「突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした」(2~4節)。ペンテコステの日、祭で賑わうエルサレムの一つの家に集められ、心を一つにして熱心に祈っていた弟子たちに、突然、聖霊が降ります。聖霊の注ぎを受けた弟子たちに言葉の賜物が与えられました。弟子たちは熱い想いで、神の言葉を語り始めるのです。それも、聖霊に満たされた弟子たちは、「ほかの国々の言葉」で話し出しました。自分たちの生まれ故郷の言葉で弟子たちの宣教を聞いていた人たちの出身地が9節から11節に記されています。世界中の人たちがエルサレムに集まり、神の救いの御業が自分たちの故郷の言葉で語られているのを聞いて驚きました。神の救いの御業が、一つの言葉だけではなく、いろいろな言葉で語られ、人々は福音を聞いたのです。
 国が違えば、そこで話される言葉も異なるものです。これらの地域の出身の人たちは、言葉が通じ合わない人たちであり、心と心も通じ合わなかった人たちです。お互いに全く別の世界に属していた人たちです。言葉が異なり、心が通じ合わなかった人たちが、聖霊の語らせる言葉によって一つとせられ、心と心が通じ合うようになったのです。11節に「彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのと聞こうとは」と記されておりますように、聖霊に満たされた弟子たちは、「神の偉大な業」を語りました。「神の偉大な業」。それは、キリストの十字架の死と復活において成し遂げられた救済の出来事です。十字架の上で流された御子の尊い血による罪の赦しと、父なる神が、御子を死者の中から初穂としてよみがえらせることによって確かなものとされた終わりの日における私たち自身の復活の希望です。
 イエス・キリストにあって人々が一つとされた、という救いの出来事が、ペンテコステの日に起きました。神と人とを結び合わせ、また、人と人とを結び合わせる神の愛の力、これが聖霊の働きです。人と人との心が通じ合わない状況を貫いて、神は聖霊を降し、御心を成し遂げられました。十字架の言葉と復活の希望が宣べ伝えられるとき、私たちは一つにされます。国境や言葉の相違を乗り越える神の真理を弟子たちに語らせたのは聖霊です。神の愛が「炎のような舌」となって、ペンテコステの日に溢れ出てきました。「霊」という言葉は、本来、風や息吹を意味します。旧約聖書、創世記の天地創造の記事には、土の塵から造られた人の鼻に命の息が吹き入れられた、と記されています。聖霊は命を与える力です。新たな命を創造する神の息です。ペンテコステの日、神の息である聖霊が吹き入れられた弟子たちは新しく創造され、福音を大胆に宣べ伝える者とされたのです。聖霊は、主の十字架と復活を証しさせ、福音を語らせる神の愛の力です。聖霊の注ぎを豊かに受け、「神の偉大な業」を宣べ伝えるために、この礼拝より遣わされて参りましょう。
 

説教一覧(2011年度)

2011.04.03
わたしに従いなさい
2011.04.10
隅の親石
2011.04.17
ぶどう酒になった水
2011.04.24
驚くべき主の御業
2011.05.01
新しき神の家
2011.05.08
神を畏れ、王を敬え
2011.05.15
水と霊とによって生まれる
2011.05.22
永遠の命と裁き
2011.05.29
はじまり
2011.06.05
あの方は栄え、わたしは衰える
2011.06.12
一同は聖霊に満たされ
2011.06.19
神をほめたたえる幸い
2011.06.26
永遠の命に至る水
2011.07.03
まことの礼拝
2011.07.10
その傷によって、あなたがたは癒された
2011.07.17
神の備え給う道
2011.07.24
み言葉を信じて
2011.07.31
あなたはわたしの愛する子
2011.08.07
命の恵みを共に受け継ぐ
2011.08.14
主イエスに力を与えられ
2011.08.21
試みを受けられた主
2011.08.28
神と等しい方
2011.09.04
今やその時
2011.09.11
祝福を受け継ぐ
2011.09.18
主イエスについての証し
2011.09.25
神からの誉れ
2011.10.02
命のパンのしるし
2011.10.09
父である神をたたえる
2011.10.16
わたしだ。恐れることはない。
2011.10.23
苦難と希望
2011.10.30
信じる
2011.11.06
天への凱旋
2011.11.13
キリストの勝利
2011.11.20
短い信仰告白
2011.11.27
朽ちない食物
2011.12.04
主イエスのもとへ
2011.12.11
かつてと今
2011.12.18
主イエスによって生きる
2011.12.25
飼い葉桶の乳飲み子
2012.01.01
去るか留まるか
2012.01.08
神の恵みの善い管理者
2012.01.15
時を支配し給う神
2012.01.22
わたしについて来なさい
2012.01.29
主の真実によって
2012.02.05
主キリストは神の御許から
2012.02.12
勝利を約束されている苦難
2012.02.19
主イエスの行かれる所
2012.02.26
生ける信仰
2012.03.04
主イエスへの態度決定