HOME | 説教 | 説教(2011年度) | あなたはわたしの愛する子

あなたはわたしの愛する子

説教要旨( 7月31日 朝礼拝)
イザヤ書 第42章1-7節
マルコによる福音書 第1章9-11節
佐藤智子

 イエスさまが受けられた洗礼は、川の中に入っていき、全身を水に沈め、起き上がるというものでした。イエスさまは、全身を一度ヨルダン川の水の中に沈められ、その水の中から上がられました。即座に、時を待たずして、事が起こります。イエスさまが洗礼を受けられ、その水から上がられるとすぐ、<天が裂けて「霊」が鳩のようにご自分に降って来るのを>イエスさまはご覧になられました。
 この<裂けた>という言葉は、このイエスさまにおいて、神がその御力をもって、この世界に臨まれた、介入されたということを伝えています。イエスさまがご覧になったこととして、天が裂け、聖霊が鳩のように降ってきたことが記され、その場に共にいたであろう、洗礼者ヨハネの姿はありません。イエスさまだけがご覧になった特別な、秘密の出来事として記されています。
 すると、<あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者>という声が、天から聞こえました。<あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者>というこの言葉は、詩編第2編7節、イザヤ書第42章1節~9節の影響を受けている言葉として、伝えられています。マタイによる福音書にも、ルカによる福音書にも全く同じ言葉が記されています。詩編第2編は、王の詩編と呼ばれ、王の即位式で歌われたものであったと考えられています。イザヤ書第42章1~9節(特に1節)は、詩編第2編とは異なり「主の僕の召命」についての記事です。王の即位式で用いられた詩編第2編と、主の僕の召命記事のイザヤ書42章。どちらの記事にも共通して言えるのは、主なる神から特別な任務を与えられた者についての記事であるということです。イエスさまが、まことの王として、神のご支配をもたらす者であると同時に、主の僕として、すべての人の救いのためにお働きになられる者とされたということを示しています。罪を犯されたことのないイエスさまが、洗礼をお受けになったのは、民の罪を償うために、人が経験することをすべてご経験され、すべての点で私たちと同じようになってくださったということを表しています。そして、洗礼をお受けになった後、神から召命を受けられたのです。
 イザヤ書42章7節には「主の僕」が召し出された目的が書かれています。<見ることのできない目を開き/捕らわれ人をその枷から/闇に住む人をその牢獄から救い出すために。>主なる神を忘れ、見ることのできなくなった私たちの目を開くために、罪に囚われて枷を付けられ、神の下に立ち返ることのできない暗闇にいた私たちを解き放つために、そのために主なる神はその独り子を、この世界にお送りくださり、イエスさまを私たちの救い主とされました。
 この福音書を記した福音書記者マルコは、神の御子が、人となられ、さらには人に仕える者となってくださった。主の僕、苦難を受けられる僕となられた主イエス・キリストのお姿を証言します。この方が、私たちの救い主となってくださった、記者マルコの静かな感動が伝わってきます。
 私たちは洗礼において、イエスさまの十字架の死を、体験しています。そして、復活の命に生きる者とされています。それらすべては、聖霊によって、私たちに示されていることです。十字架にお架かりくださったイエスさまが与えてくださった命によって、私たちは神の子としての身分を、与えられています。かつて、イエスさまが洗礼を受けられた時、天が裂かれ、聖霊がイエスさまのもとに降り、天から響いたあの声が、あの御声が私たちのうちにも響き渡ります。<あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者>父なる神の愛を受けて、イエスさまの十字架によって与えられた命を、聖霊に支えられて、生かされてまいりましょう。
 

説教一覧(2011年度)

2011.04.03
わたしに従いなさい
2011.04.10
隅の親石
2011.04.17
ぶどう酒になった水
2011.04.24
驚くべき主の御業
2011.05.01
新しき神の家
2011.05.08
神を畏れ、王を敬え
2011.05.15
水と霊とによって生まれる
2011.05.22
永遠の命と裁き
2011.05.29
はじまり
2011.06.05
あの方は栄え、わたしは衰える
2011.06.12
一同は聖霊に満たされ
2011.06.19
神をほめたたえる幸い
2011.06.26
永遠の命に至る水
2011.07.03
まことの礼拝
2011.07.10
その傷によって、あなたがたは癒された
2011.07.17
神の備え給う道
2011.07.24
み言葉を信じて
2011.07.31
あなたはわたしの愛する子
2011.08.07
命の恵みを共に受け継ぐ
2011.08.14
主イエスに力を与えられ
2011.08.21
試みを受けられた主
2011.08.28
神と等しい方
2011.09.04
今やその時
2011.09.11
祝福を受け継ぐ
2011.09.18
主イエスについての証し
2011.09.25
神からの誉れ
2011.10.02
命のパンのしるし
2011.10.09
父である神をたたえる
2011.10.16
わたしだ。恐れることはない。
2011.10.23
苦難と希望
2011.10.30
信じる
2011.11.06
天への凱旋
2011.11.13
キリストの勝利
2011.11.20
短い信仰告白
2011.11.27
朽ちない食物
2011.12.04
主イエスのもとへ
2011.12.11
かつてと今
2011.12.18
主イエスによって生きる
2011.12.25
飼い葉桶の乳飲み子
2012.01.01
去るか留まるか
2012.01.08
神の恵みの善い管理者
2012.01.15
時を支配し給う神
2012.01.22
わたしについて来なさい
2012.01.29
主の真実によって
2012.02.05
主キリストは神の御許から
2012.02.12
勝利を約束されている苦難
2012.02.19
主イエスの行かれる所
2012.02.26
生ける信仰
2012.03.04
主イエスへの態度決定