HOME | 説教 | 説教(2011年度) | 主イエスについての証し

主イエスについての証し

説教要旨( 9月 18日 朝礼拝)
申命記 第 4章9~14節/ヨハネによる福音書 第5章30~40節
倉橋康夫

 今朝のヨハネ福音書の個所で語られているのは、主イエスについての正しい証言はどのようにして明らかになるかです。そこで、先ず、自己証言には確かさはない、と言います。<31 「もし、わたしが自分自身について証しをするなら、その証しは真実ではない。>、と。それを証明してくれる確かな人、或いは、確実な証拠が必要とされる、と。そこで、<32 わたしについて証しをなさる方は別におられる。 ・・・>、と言い、父なる神の証しを示唆しますが、それを先送りにし、先ず洗礼者ヨハネの証しについて言及されます。
 洗礼者ヨハネの証しは、真理を指し示すもの、しかも、ただひたすら真理のみを大きくし、自らは小さく、小さく、衰えゆく(燃え尽きる)ものとした点において理想的な証しであった、と言えるのです。<3 : 30 あの方は栄え、わたしは衰えねばならない。>、と洗礼者ヨハネは言いました。ところがここで、主イエスは、<わたしは人からの証しを受けない。>、と言われます。これは、ヨハネの証しを否定するのではなく、ご自身が人間の証しに依存して立つ者ではない、と言われたのです。それによって左右されるのではなく、主イエスはご自身の歩みを揺るぎなく全うされるのです。<あなたがたが救われるためである。>、と主イエスが言われるように、人間の救いが成し遂げられるためです。
 主イエスは、続いて、強力な証しについて語られます。それは、父なる神に由来する証しで、その1つは、主イエスのみ業そのものである、と言われます。主イエスのみ業の全てが、父なる神が与えられたものであって、神のみ旨をあらわすものだ、と言うのです。
 そして更に、神に由来する証しの第2として、<37 また、わたしをお遣わしになった父が、わたしについて証しをしてくださる>と、先送りしたあった父なる神ご自身の証しについて語られます。ところが、主イエスは、<あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない。>、と言われます。
 併せて読んだのは、申命記 第4章です(他に、出エジプト 第19章参照)。この時、主なる神はモーセに言われました。<10 ・・・・・ 「民をわたしのもとに集めなさい。わたしの言葉を聞かせ、彼らが地上に生きる限り、わたしを畏れることを学び、またそれを子らに教えることができるようにしよう。」>、と。この時、イスラエルの民は全山に轟く神の声を聞いたのですが、その内容(み言葉)を聞き取ることはできませんでした。事実上、民は神のお姿を見ず、み声も聞きとってはいなかったのです。主イエスが、<あなたたちは、まだ父のお声を聞いたこともなければ、お姿を見たこともない>、と言われた時、「ユダヤ人」たちは、この十戒授与の場面を思い出したことでしょう。
 そして、主イエスは、<38 また、あなたたちは、自分の内に父のお言葉をとどめていない。>、と言われます。つまり、父なる神のみ言葉が集約されている主イエスを、受け止めていない、と指摘されたのです。それは、神がお与え下さった聖書のみ言葉を正しく読み取っていないからだ、と言われます。聖書それ自体の中に永遠の命があるのではなく、聖書が証ししている方が永遠の命を齎す方であって、その方こそが主イエスなのだ、と言われます。そして、「ユダヤ人たち」は、熱心に聖書を研究しているにも拘らず、決して、主イエスのもとに来ようとはしない、と言うのです。
 しかし、私たちは、ただ、主イエスのもとへと導かれるために、聖書を読みます。 そして、この「主イエスのもと」とは、主イエスのみ業・私たちに命を与え給うそのみ業のことです。私たちは、そこに、「主イエスについての証言」を見い出すのです。
 

説教一覧(2011年度)

2011.04.03
わたしに従いなさい
2011.04.10
隅の親石
2011.04.17
ぶどう酒になった水
2011.04.24
驚くべき主の御業
2011.05.01
新しき神の家
2011.05.08
神を畏れ、王を敬え
2011.05.15
水と霊とによって生まれる
2011.05.22
永遠の命と裁き
2011.05.29
はじまり
2011.06.05
あの方は栄え、わたしは衰える
2011.06.12
一同は聖霊に満たされ
2011.06.19
神をほめたたえる幸い
2011.06.26
永遠の命に至る水
2011.07.03
まことの礼拝
2011.07.10
その傷によって、あなたがたは癒された
2011.07.17
神の備え給う道
2011.07.24
み言葉を信じて
2011.07.31
あなたはわたしの愛する子
2011.08.07
命の恵みを共に受け継ぐ
2011.08.14
主イエスに力を与えられ
2011.08.21
試みを受けられた主
2011.08.28
神と等しい方
2011.09.04
今やその時
2011.09.11
祝福を受け継ぐ
2011.09.18
主イエスについての証し
2011.09.25
神からの誉れ
2011.10.02
命のパンのしるし
2011.10.09
父である神をたたえる
2011.10.16
わたしだ。恐れることはない。
2011.10.23
苦難と希望
2011.10.30
信じる
2011.11.06
天への凱旋
2011.11.13
キリストの勝利
2011.11.20
短い信仰告白
2011.11.27
朽ちない食物
2011.12.04
主イエスのもとへ
2011.12.11
かつてと今
2011.12.18
主イエスによって生きる
2011.12.25
飼い葉桶の乳飲み子
2012.01.01
去るか留まるか
2012.01.08
神の恵みの善い管理者
2012.01.15
時を支配し給う神
2012.01.22
わたしについて来なさい
2012.01.29
主の真実によって
2012.02.05
主キリストは神の御許から
2012.02.12
勝利を約束されている苦難
2012.02.19
主イエスの行かれる所
2012.02.26
生ける信仰
2012.03.04
主イエスへの態度決定