HOME | 説教 | 説教(2011年度) | 父である神をたたえる

父である神をたたえる

説教要旨( 10月9日 夕礼拝 )
フィリピの信徒への手紙 第2章6~11節
佐藤智子

 この第2章6節から11節は「キリスト賛歌」と呼ばれ、ここにはキリストのへりくだり、従順、そして高挙について、短い言葉に集約されています。パウロは、フィリピの教会に宛てた手紙の中に、この「キリスト賛歌」を織り込むことによって、自分たちが従うべき方を、フィリピの教会に指し示しました。
 「キリスト賛歌」は、イエスさまの徹底した人間化を伝えています。キリストは神であられました。しかし、神と等しい者であることを、自分によって強奪されたものと考え、むしろ、ご自分をご自分でむなしくされた。苦難の神の僕となり、まことの人となられました。さらに、従順という言葉が登場します。キリストは神に対して、従順であった。死に至るまで従順であった。その従順の極みとして死が描かれ、パウロは<それも十字架の死に至るまで従順であった>と本来の「キリスト賛歌」に書き足しています。キリストのこの地上におけるご生涯は、キリストの徹底した人間化、へりくだりと、神への従順。<それも十字架の死に至るまで従順であった>というのです。十字架でイエスさまの流された血が、神に対して犯してきた罪を許され、罪によって汚れていた私たちを洗い清めることとなったのです。そして新しい神の民として神の御前へと、イエスさまによって連れ帰っていただいたのです。そのようにして、イエスさまは、私たちの救いを望まれた神に従順であられました。それも十字架の死に至るまで。神の身分であられた方が、最も低いところまで、罪人として、神に呪われた者として、その絶望の底へと降っていかれた。
 キリストの従順、しかも十字架の死に至るまで従順であったことに対する神の褒賞として、神は<キリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えに>なられました。最も低くなられた方を、神は高く上げて、その主権をもって、恵みとして「主」という名をお与えになられました。これは、神がキリストに神的尊厳、権能をお与えになったことを意味しています。神が、キリストに全世界を支配する権能を与えられたというのです。全宇宙のすべてが、<イエス・キリストは主である>と告白する。それは、すべてがキリストのご支配のうちにある、私たちは主のものとされたという告白です。
 しかし、この告白は、キリストを讃美することに留まらず、父である神に栄光を帰することになると言います。我らの主となられたキリストの父なる神は、キリストを通して、私たちの父なる神としてご自分をお示しくださいました。キリストを通して、この世界は、神を父と呼ぶことが赦されているのです。自分たちからは、遠いところにいられるように思われていた神は、我らの主となられたキリストによって、私たちの父なる神として、私たちと共におられる方であることがわかった。神に見捨てられてなどおらず、むしろ、どれだけ、神に愛されてきたか、しかしその愛に対して私たちはどれだけ背を向けてきたか、すべてのことが明らかにされました。
 神は、私たちを愛してくださった。この世界を愛し抜いてくださった。そのために、御子をこの世界に送り、キリストの十字架の贖いによって、罪のうちにあったこの世を赦し「イエス・キリストは主である」という新しい言葉を、新しい関係を与えてくださったのです。
 この「キリスト賛歌」は特に、聖餐式において用いられていたのではないかとも考えられています。私の為に裂かれた肉、私のために流された血。それによって示された神の愛を、私たちはこの「キリスト賛歌」の言葉と共に、今こそ、私たちはイエスの御名にひざまずき<「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえる>のです。
 

説教一覧(2011年度)

2011.04.03
わたしに従いなさい
2011.04.10
隅の親石
2011.04.17
ぶどう酒になった水
2011.04.24
驚くべき主の御業
2011.05.01
新しき神の家
2011.05.08
神を畏れ、王を敬え
2011.05.15
水と霊とによって生まれる
2011.05.22
永遠の命と裁き
2011.05.29
はじまり
2011.06.05
あの方は栄え、わたしは衰える
2011.06.12
一同は聖霊に満たされ
2011.06.19
神をほめたたえる幸い
2011.06.26
永遠の命に至る水
2011.07.03
まことの礼拝
2011.07.10
その傷によって、あなたがたは癒された
2011.07.17
神の備え給う道
2011.07.24
み言葉を信じて
2011.07.31
あなたはわたしの愛する子
2011.08.07
命の恵みを共に受け継ぐ
2011.08.14
主イエスに力を与えられ
2011.08.21
試みを受けられた主
2011.08.28
神と等しい方
2011.09.04
今やその時
2011.09.11
祝福を受け継ぐ
2011.09.18
主イエスについての証し
2011.09.25
神からの誉れ
2011.10.02
命のパンのしるし
2011.10.09
父である神をたたえる
2011.10.16
わたしだ。恐れることはない。
2011.10.23
苦難と希望
2011.10.30
信じる
2011.11.06
天への凱旋
2011.11.13
キリストの勝利
2011.11.20
短い信仰告白
2011.11.27
朽ちない食物
2011.12.04
主イエスのもとへ
2011.12.11
かつてと今
2011.12.18
主イエスによって生きる
2011.12.25
飼い葉桶の乳飲み子
2012.01.01
去るか留まるか
2012.01.08
神の恵みの善い管理者
2012.01.15
時を支配し給う神
2012.01.22
わたしについて来なさい
2012.01.29
主の真実によって
2012.02.05
主キリストは神の御許から
2012.02.12
勝利を約束されている苦難
2012.02.19
主イエスの行かれる所
2012.02.26
生ける信仰
2012.03.04
主イエスへの態度決定