HOME | 説教 | 説教(2011年度) | 短い信仰告白

短い信仰告白

説教要旨(11月 20日 朝礼拝 合同礼拝 幼児祝福式)
使徒言行録 10章36~40節
倉橋康夫

 今日は、主に教会学校の生徒と、一般礼拝参加者とが一緒の「合同礼拝」です。そして、この礼拝の中で、「幼児祝福式」が行われます。教会学校との「合同礼拝」は、6月にも行いますが、「幼児祝福式」をするのは、11月のこの礼拝だけです。
 今日の聖書個所は、コルネリウスの家で、ペトロが話している場面です。今年の教会学校夏期学校の主題は、「 知ってる? コルネリウスの奇跡 ~ 聖霊からの贈物 ~ 」でした。夏期学校の2日目の夜の「お楽しみ会」では、コルネリウスの物語に関係する、色々なゲームをしました。また、分級でコルネリウスの物語を丹念に読んで、3日目の全体会で各分級の発表をしたのを覚えている人もいることでしょう。
 今日の個所では、ペトロがコルネリウスの家に行って、イエスさまについて話をしているところです。ペトロは言います。「あなたがたは知っているでしょう、イエスさまの身に起こった出来事について。」、と。「イエスさまの身に起こった出来事」とは、何でしょうか。 それは、十字架に架けられた、ということです。
 イエスさまは、神さまの独り子ですが、人間としてお生まれになりました。生れた場所はベツレヘムでしたが、イエスさまは、ナザレという名の村でお育ちになり、そこで生活されたので、「ナザレのイエス」と呼ばれておりました。イエスさまは、方々を歩き回っては、父なる神さまからの力によって、多くの人々を助け、悪魔に苦しめられている人を癒してあげました。<イエスは、方々を巡り歩いて人々を助け、悪魔に苦しめられている人たちをすべていやされたのですが、それは、神が御一緒だったからです。>、と書かれています。
 けれども、人々は、イエスさまを正しく理解することができないで、自分たちの考えや願いの通りにならないイエスさまを邪魔者と考えるようになり、誤解したままで十字架に架けてしまったのです。<人々はイエスを木にかけて殺してしまいました>、とある通りです。
 ところが、神さまは、そのイエスさまを復活させられました。<40 神はこのイエスを3日目に復活させ、人々の前に現してくださいました。>、と書かれています。イエスさまは復活された後に、弟子たちやその他の人々の目の前に現れて、ご自分が復活したことを示されました。そして、この復活によって、神さまは「ナザレのイエス」が単に人であるのではなく、神の独り子であり、「油注がれた者」であることを人々に明らかに示して下さいました。<神は、聖霊と力によってこの方を油注がれた者となさいました。>、と書かれています。
 「油注がれた者」とは、神さまが特別な役目・役割を与えられた人のことで、その人に油を注ぐという儀式をしたので、そう呼ばれていたのです。そして、ここでは「救い主」のことです。人間を苦しみ・悲惨から救って下さる方です。この「油注がれた者」は旧約聖書の言葉(ヘブライ語)では「メシア」と言い、新約聖書言葉(ギリシャ語)では、「キリスト」と言います。
 私たちは、イエスさまについて、「イエス・キリスト」という呼び名を用いています。この呼び名は、「イエスはキリスト・救い主です」という内容を持っています。ですから、これは、誰でもが簡単に言える言葉ではありません。なぜなら、「わたしは、『イエスはキリスト・救い主です』と信じます」という信仰を言い表していることになるからです。
 この礼拝には、この信仰を告白して洗礼を受けた人が大勢います。教会には、大勢の人々が集まってきます。その大勢の人々をつないでいるのは、この「短い信仰告白」・「イエス・キリスト」という呼び名なのです。「イエス・キリスト」! この呼び名・「短い信仰告白」を、私たちは大切にしながら、歩んでいきたいと思います。
 

説教一覧(2011年度)

2011.04.03
わたしに従いなさい
2011.04.10
隅の親石
2011.04.17
ぶどう酒になった水
2011.04.24
驚くべき主の御業
2011.05.01
新しき神の家
2011.05.08
神を畏れ、王を敬え
2011.05.15
水と霊とによって生まれる
2011.05.22
永遠の命と裁き
2011.05.29
はじまり
2011.06.05
あの方は栄え、わたしは衰える
2011.06.12
一同は聖霊に満たされ
2011.06.19
神をほめたたえる幸い
2011.06.26
永遠の命に至る水
2011.07.03
まことの礼拝
2011.07.10
その傷によって、あなたがたは癒された
2011.07.17
神の備え給う道
2011.07.24
み言葉を信じて
2011.07.31
あなたはわたしの愛する子
2011.08.07
命の恵みを共に受け継ぐ
2011.08.14
主イエスに力を与えられ
2011.08.21
試みを受けられた主
2011.08.28
神と等しい方
2011.09.04
今やその時
2011.09.11
祝福を受け継ぐ
2011.09.18
主イエスについての証し
2011.09.25
神からの誉れ
2011.10.02
命のパンのしるし
2011.10.09
父である神をたたえる
2011.10.16
わたしだ。恐れることはない。
2011.10.23
苦難と希望
2011.10.30
信じる
2011.11.06
天への凱旋
2011.11.13
キリストの勝利
2011.11.20
短い信仰告白
2011.11.27
朽ちない食物
2011.12.04
主イエスのもとへ
2011.12.11
かつてと今
2011.12.18
主イエスによって生きる
2011.12.25
飼い葉桶の乳飲み子
2012.01.01
去るか留まるか
2012.01.08
神の恵みの善い管理者
2012.01.15
時を支配し給う神
2012.01.22
わたしについて来なさい
2012.01.29
主の真実によって
2012.02.05
主キリストは神の御許から
2012.02.12
勝利を約束されている苦難
2012.02.19
主イエスの行かれる所
2012.02.26
生ける信仰
2012.03.04
主イエスへの態度決定