HOME | 説教 | 説教(2012年度) | 罪を赦す権威

罪を赦す権威

説教要旨(7月15日 朝礼拝)
イザヤ書 第59章1-4節
マルコによる福音書 第2章1-12節
佐藤智子

 主イエス・キリストは、罪を赦す権威を持っておられるお方であります。
 今日、どうしてもイエスさまに会わなければならない人たちが、イエスさまのもとにやってきました。それは、中風にかかっている人と、その者を担架に乗せて運んで来た4人の人です。しかし、彼らは阻まれる。イエスさまとの出会いを妨げたのは、家の中を埋め尽くしている群集、そして、屋根の壁でありました。イエスさまに本当にお会いするためには、これらの妨げが取り除かれなくてはならなかったのです。イエスさまとお会いするために、彼らは屋根の壁を壊し始めます。その彼らを、助けられた父なる神さまのお姿を、私たちは行間に見つけることができます。隔ての壁を、壊されたのは、神さまだった。そのようにして、イエスさまのもとへと、父なる神さまが彼らを招かれたのではないでしょうか。
 彼らは、屋根に造られた穴から、病人の寝ている床をつり下ろしました。イエスさまは、頭上をご覧になり、4人の人をご覧になり、この4人のうちに信仰を、見つけられました。妨げを取り除いて、イエスさまのもとに会いに行こうとした彼らのうちに、イエスさまは信仰を見られたのであります。つり下ろされてきた担架に横たわる人は、イエスさまの癒しの御業を必要とする人でありました。4人の信仰を見て、イエスさまはこの担架に横たわる病人に向かって、<子よ、あなたの罪は赦される>と言われました。
 この罪という力は、非常に強力であり、破壊的な支配力を持っています。神さまのご支配に対して抵抗する力をもっています。担架に横たわる病人は、罪によって、神さまのご支配から奪い取られていた一人でありました。しかし、その人が今、イエスさまの前に、連れて来られたのであります。そして、イエスさまから、罪の赦しの宣言を聞かされました。<子よ、あなたの罪は赦される>
 イエスさまは、罪を赦す権威を、罪の支配の中にある者にむかって、行使されるのであります。神さまの御支配から奪い取られていた者は、回復するのであります。神さまの御支配のうちに、そして病からも回復させられるのであります。
 ところがここで、律法学者が数人登場します。この律法学者たちはイエスさまの言葉を、心の中で自分たちの論理に従って考えるのです。<この人は、なぜこういうことを口にするのか。神を冒涜している。神おひとりのほかに、いったいだれが、罪を赦すことができるだろうか>
 その通りであります。神おひとりのほかに、罪を赦すことができる方はいません。この部分は間違ってはいない。しかし、この言葉を言われたのはイエスさまだった。この世界に、罪を赦す権威をもって来られたイエスさまが、罪の赦しの宣言をなされたのであります。罪の赦しのまことの権威者であられるイエスさまは、律法学者たちの考えを見抜き、もう一度、横たわる病人に向かって言われました。
<わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい。>
 神さまのご支配のもとに回復された一人の病人は、起き上がり、床を担いで歩き、人々の見ている前を出て行きました。罪の赦しが起こったのであります。
 こうして罪赦された人間は、神のご支配のもとに行き始めるのであります。本当に生き始めるのであります。いつまでも、横たわったまま、死人のごとくいる必要はもはやない。
 罪の赦しのまことの権威者である、私たちの救い主となられたイエスさまは、この朝、私たちに向かって言われます。
<子よ、あなたの罪は赦される>
<わたしはあなたに言う。起き上がり、床を担いで家に帰りなさい。>