HOME | 説教 | 説教(2014年度) | み言葉が差し込む

み言葉が差し込む

説教要旨(10月5日朝礼拝より)
ルカによる福音書 5:1-11
牧師 藤盛勇紀

 「神の言葉を聞こうとして」大勢の群衆が主イエスに押し寄せています。この時シモン・ペトロは、岸辺で網を洗っていました。一晩中働き通しだったのに、何の収穫もない。体は疲れ果て、精も根も尽きそう。しかし次の漁に備えて網を洗っておかなければならない。彼は黙々と網を洗います。早く家に帰って疲れを癒したい。そんな時、「神の言葉を聞こう」などと思うでしょうか。熱心に主に従って行く群衆を、シモンは冷ややかな目で見ていたでしょう。
 群衆に向けたイエス様の説教が終わります。すると主は、シモンに向かって言われました、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」。シモンは答えます、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした」。
 この日は夜通し労苦しました。網だってもう洗い始めています。これからまた漕ぎ出して行って網を降ろせと。もうヘトヘトです。また時を改めて、ということでも。
 シモンには、断る理由はいくらでもあります。でも、また漕ぎ出して行ったのです。理由はただ一つ、「お言葉ですから」。原文では、「あなたのお言葉ですから」。
 「主よ、あなたのお言葉ですから」。私の言葉とか私の思いとか私の判断なんかじゃありません。人の考えでもありません。主よ、あなたがおっしゃったのです。主よ、「あなたのお言葉ですから」、行きます。
 いくら労苦しても実りがない、という経験があります。空しさに身を縮め、ただ途方に暮れるしかない。私たちの人生に起こり、教会が経験する現実でもあります。
 しかし、ただ「主のお言葉だから」進むのです。いわゆる成功が約束されているわけではありません。主を信じてもなお労多く実り少ない、ということが続くかもしれません。しかし、「主のお言葉ですから」。そこに命の道が開かれます。み言葉のあるところに、主が生きておられるからです。
 「主の御心がわからない」「どの言葉が自分に語られているのか分からない」と言う人がいます。でも、本当は分かっているのではないでしょうか。自分の思いや人の考えに引っ張られてしまって、主のみ言葉に従いたくない。それを、「御心がわからない」と言っていないでしょうか。主が生きておられるなら、主はすでにあなたに語っておられるのです。「み言葉に従ったらどうなるのか」とか「どうしたら従えるのか」と自分の中で堂々巡りするのでなく、「お言葉ですから」と信頼するのです。聞き違いであれば、主が正してくださいます。
 信頼のあるとことに希望があります。主に信頼したら、自分が愛され恵まれていることが分かります。主を信頼したら、主を愛するようになります。
 シモンは理屈抜きに、「主のお言葉だから」、やってみました。思いがけない恵みを目の当たりにします。彼はイエス様のお言葉に期待したわけではなく、自分から主に頼んだのでも祈ったのでもないのです。ペトロは、そんな自分に思いがけない仕方で近づいて来てくださっているお方に、今ようやく気づいたのです。イエス様は言われました、「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる」。
 「恐れることはない」、このお言葉を何度聞くことになったでしょうか。恐れるのは、自分で何事かをなそうとするからです。自分の力なら、「主よ、私には無理です」「今は疲れてますから、主よ、また今度、調子が良くなったら改めて」などと言うしかありません。しかし、ペトロを人間を取る漁師にするというのは、全く主のご計画なのです。だから、恐れる必要はない。
 主のみ言葉があるなら、疲れていようが、空しさを感じていようが、「お言葉ですから」と漕ぎ出してよいのです。私たちに用意があろうがなかろうが、主は、すでに私たちを訪れてくださっているのです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密