HOME | 説教 | 説教(2014年度) | 見よ、救いのしるしを

見よ、救いのしるしを

説教要旨(12月21日クリスマス礼拝より)
ルカによる福音書 2:1-20
牧師 藤盛勇紀

 ベツレヘムの町の片隅、暗い馬小屋の「飼い葉桶に寝ている乳飲み子」、これが救い主キリスト誕生のしるしだと、天使は告げます。自分の命については、周りの人間の手に委ねられてしまっています。イエス様が弟子たちにご自分の死について予告をなさった際、「私は人々の手に渡される」と言われましたが、飼い葉桶に寝かされたお姿も、人の手に渡された姿です。全く無力な姿です。しかし、主自らが、「あえて」そのようになられたのです。
 フィリピの信徒への手紙2章の、「キリスト賛歌」が言うように、人間の救いのために、人間がへりくだったのでなく、神がへりくだられた。人間が従順になって主に従ったというのでなく、神であられる主が、死に至るまで、従順な僕、奴隷となられた。
 「飼い葉桶の中の乳飲み子」は、そのような思いがけない神のお姿です。私たち人間が生きるために、神が命を死に晒され、世に来られた。その「しるし」です。
 そのしるしが、最初に示されたのは羊飼いたちでした。「羊飼い」とは、レッテルを貼られたある種の人々のことでもありました。安息日の戒めも守れない罪人、町の人とも生活が違う。神から離れ、町から離れ、人々の心からも引き離されていました。彼らも、罪人と言われたら、「どうせ俺たちは日陰者」と、暗くうなだれてしまう。
 それは思い違いなのですが、「自分は神から離れてしまった者」と自分で思い込むのは、羊飼いたちに限りません。自分には神も救いも関係ないと思う人、信頼関係・人間関係が破れてしまった人、生きる目的も方向も見えず、野宿するかのような人生。案外私たちは、誰でも羊飼いたちのようなのかも知れません。
 すると、そこから引き上げられるとすれば、自分の言葉や自分の思いによっては不可能です。上からの言葉、神のみ言葉が必要なのです。そこに天使が来ます。天使は、「何としてでも、あなたに告げる」、そういう神のご意志の現れではないでしょうか。
 天使はまず、「恐れるな」と言います。羊飼いたちは、あるいは私たち人間は何を恐れているのでしょうか。結局は、神との関係の無さでしょう。神との関係が切れていれば、無と滅びの恐れがつきまとうのです。生きる意味の無さ、自分自身の無価値、無目的、無意味、その果ての死。
 本当に恐れなくてよいというなら、「この私は、決して無意味でも無価値でもなく、ただ無に滅びるだけではない」ということが確かでなければならないでしょう。
 そして、それは自分の外から告げられなければなりません。天使は「あなたがたのために」救い主がお生まれになった、と言います。私たちのために、主は来られた。私たちのために、主はご自分の命を注ぎ出され、ご自身を死に渡されます。罪も汚れもないお方が、人の罪の中に投げ込まれ、委ねられ、人に捨てられ、罪を背負って十字架につけられます。そのために、主はお生まれになったのです。
 ここに、私たちを求めて止まない神の愛の真実があります。私たちを決して見捨て給わない神の御心のしるしがあります。羊飼いたちは、そのしるしを自ら確かめるために、立ち上がりました。そして、あえて町へ出て行きました。天使から伝えられたことを、自分で確かめたのです。彼らは、「神をあがめ、賛美しながら帰って行った」。
 自分のための救いのしるしを確認した者は、人生が変わります。意味が変わり、自分の価値が変わります。それは、「恐れなき人生」でしょう。
 救い主の到来を知ったなら、もう神の審判を恐れなくてよい、人を恐れなくてよい、人の言葉も人の裁きも恐れなくてよい。この世の様々な支配を恐れなくてよい。それらはもはや私の主ではないからです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密