HOME | 説教 | 説教(2014年度) | 心に逆らう愛

心に逆らう愛

説教要旨(1月18日朝礼拝より)
ルカによる福音書 6:27-36
牧師 藤盛勇紀

 「敵を愛しなさい」。この言葉は、聖書の言葉の中でも最も有名な言葉の一つでしょう。そして、最も戸惑いを覚える言葉でもあるでしょう。「無理じゃないか」と。
 私たちは勘違いしているのではないでしょうか。キリスト者や教会には、愛があって当然だと思っています。たしかに、教会独特の愛や善意というものがあるでしょう。だから逆に、「愛があって当然だ、だから私も皆から愛されなければおかしい」という思いにもなりがちです。キリスト者は教会の肢なのですが、ところがいつの間にか「お客様」になって、自分は愛のサービスを受けるお客様か消費者。そうなると、愛が「取り引き」や「売り買い」になるのも当然です。消費者は自分のセンスで裁きます。「ここは教会らしい。あそこはダメ」「この人はクリスチャンらしくてよいけど、あの人はダメだ、愛がない」。
 イエス様が言われるのは、そういう取り引きを突き抜けよ、ということではないでしょうか。しかし「取り引きの愛」からなかなか抜けられない私たちは戸惑います。それは、私たち自身の心を基準にしているからです。愛があるだのないだの、それは自分の「好き嫌い」や「快・不快」を言っているに過ぎないのではないでしょうか。そんな私たちの心など、どうして基準になるでしょうか。まして、私たちの心の内に愛があるのでしょうか。
 むしろイエス様は、私たちの自然の感情とか、あるがままの心に逆らうことを求めておられるのではないでしょうか。主が求める愛は、私たち人間の生得のものでなく、むしろそれに「逆らって」「自分を捨てて」でなくては生まれない、見えない世界です。
 「愛」はどこからくるか。ヨハネの手紙にこうあります、「わたしたちが神を愛したのではない」。「神がわたしたちを愛して、…御子をお遣わしになりました。ここに愛があります」。
 この御子イエスこそ全てです。「無理じゃないか」と戸惑うとき、私たちは主イエスをそっちのけで、「私にできるかどうか」「自分の愛で、はたしてどうなのか」と、自問自答を始めているのです。主の言葉を聞いたはずなのに、主を無視して、いつしか自分が基準になっている。
 主は私たちの弱さを知っておられます。どれほど弱い者であるかを、神はご存じなのです。「恩を知らない者にも悪人にも、情け深い」、それほどまでに「憐れみ深い」お方です。この憐れみそのものとなられた主が言われるのです、「わたしの言葉を聞いているあなたがたに言っておく。あなたがたは敵を愛しなさい」。
 「そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる」とあります。私たちが神の子とされる、それが「私たちの行い次第、私たちの心次第だ」などということがありますか。私たちが神の子とされるために必要な業は、主イエスが全て成し遂げてくださったではないですか。
 このお方のお言葉を聞くならば、私たちはもうあの独りよがりの「自問自答」などしなくてよいのです。「自分にできるかどうか」、そんな問いはもう終わりです。自分の秤で量る「取り引き」は終了。そんな自分は捨ててしまってよいのです。
 「主が私たちにしてくださったこと」、これだけです。主の愛と恵みこそが、私たちの秤です。私たちの内にはなかった真実な愛をもって、私たちに命を与えてくださったお方が、「敵を愛しなさい」と言われるのです。恵みの言葉、招きの言葉です。こんな私に語ってくださるあのお方に聞いて生きる。それだけなのです。私たちの自然の愛情が愛の交わりを生み出すのではありません。主の愛が、交わりを生むのです。主に聞き従っていく者たちに、神の愛の交わりが現れ出て、この地上に、おぼろげでも、神の国が映し出されていくのです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密