HOME | 説教 | 説教(2014年度) | 痛みを伴う愛

痛みを伴う愛

説教要旨(2月8日朝礼拝より)
マルコによる福音書 14:10-21
伝道師 上田真由美

 「十二人の一人イスカリオテのユダは、イエスを引き渡そうとして、祭司長たちのところへ出かけて行った」。このユダは、主イエスが特に祈ってお選びになり、毎日寝食を共にしていた弟子の一人です。彼はどうして、主を敵の手に売るような裏切りの道を走っていったのでしょうか。
 わざわざ「十二人の一人」とあります。主の近くにいても、信仰的なことで、ユダにどうしても分からないことがあったのでしょう。それは、何が自分を本当に救うか、ということです。主の救いの御業がよく分からなかったから、主を裏切ることになったのでしょう。
 それと彼は、お金の計算や扱いが分かる有能な人だったと思います。そういう人が、主をお金で売りました。自分の最も得意なものを通して、主を裏切ることになったとも考えられます。私たちも、得意なものを通して、それが弱さとなって、失敗することが多いのかもしれません。
 主イエスは、最も楽しいはずの過越しの食事の席で、「私と一緒に食事をしている者が、私を裏切ろうとしている」とおっしゃいました。ユダはこっそりと、主イエスを裏切っているつもりでしたが、主の方はそれを見抜いておられたのです。その主イエスは、ユダがお金を受け取って、裏切りの時はもう数時間後に迫っているという時まで、ユダのするままに任せておられました。なぜでしょうか。
 それは、主イエスが父なる神のご計画をよく知っておられたからです。それまでも、逃げようと思えば幾らでも、逃げる機会はおありだったと思います。けれども、人の罪が赦されるには、御子キリストご自身でしか成し遂げることができない任務が、御父から与えられていることをよく知っておられた。だから、するままにしておられるのでしょう。
 それから、人間の弱さを知り尽くしておられる主ですから、ユダを止めても止めようがないと思われたのかもしれません。
主のご生涯の中で、最も悲惨なことは、十字架につけられたことに違いありませんが、主ご自身は、それを目的としてご生涯を歩まれました。そのご覚悟から言えば、十字架の苦しみが、ご自身の弟子の一人によって引き起こされるということをご存知でありながら、使命を全うするため、そのするままにしておられたということが、主の最も深い痛み、お苦しみであられたのではないでしょうか。
弟子の心変わりに気づいても、その痛みに耐え忍ばれながら最後まで、変わることなくご自身の弟子として、ユダを愛することをお止めにならなかった。それが主のご生涯でした。
取り返しのつかない罪、消したくなるような過去をもつ私たちですが、それを自分の力で取り返すことも償うこともできません。そうだからこそ、そこから救われる道は唯一つしかない、聖書はそう告げてくれています。
「人の子は、聖書に書いてあるとおりに、去って行く」。主イエスの確信です。人間自身よりも、人間の弱さを見抜いておられる主イエスです。その主イエスは、十字架によって、どうにも救いようのない人の罪が解決されるのだと、最後まで確信しておられたのだと思います。
人の弱さに深い痛みをもって耐え忍んでくださる主イエス・キリストの命に、どの人の命も結ばれています。この主の愛は、昔も今もこれからも変わることはないのです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密