HOME | 説教 | 説教(2014年度) | 主イエスの言葉を思い出して

主イエスの言葉を思い出して

説教要旨(3月8日朝礼拝より)
マルコによる福音書 14:66-72
伝道師 上田真由美

 ペトロはこっそりと遠くから、大祭司のところへ連れて行かれる主のあとについて行きます。「わたしについてきなさい。人間をとる漁師にしよう」と呼ばれて以来、主と寝食を共にし、主といつも共にいたから、離れることは寂しくてたまらないという思いがあったのでしょう。あのゲッセマネの園で、主を捕らえに来た敵が、乱暴な態度に出た時に、その敵の耳を剣で切り落としたような、自分がお守りするという思いに駆られたわけではなくて、深い考えもなく、気になって、ついて行ったのでしょう。
 ペトロは、大祭司の屋敷の中庭で、主との関係を三度指摘されます。それに対して彼は三度、否み、言い逃れをします。その言葉の調子は徐々にきつくなり、言わなくていいことまで言うようになります。彼は、主を見捨ててしまおうとは思っていなかったでしょう。けれども、主の仲間だと言ったら、自分も一緒に裁判にかけられる、そう思うと恐くてつい、否定したのでしょう。自分を守ることしか考えられない人の姿があります。
 けれども、もっと恐ろしいことがあります。「そんな人は知らない」と言い張った時、その中庭から上の方の、裁きのために立っておられる主の御姿が見えたかもしれません。その主を見ながらも、わざと目を逸らして否定したのかもしれません。それは残酷で恐ろしいことです。
 裁きを受けても、その態度を崩されず、裁きに耐えておられる主の真実さ。ところがそれとは対照的なペトロの不真実さ。主と共に死んでもいいと言った彼が、ここでもろくも崩れます。
そんなことがあった後、彼は鶏の鳴いた声に触れて、はっと思い出します、あの主の言葉を。「あなたは今日、鶏が二度鳴く前に、三度わたしを知らないと言うだろう」。
主は、あなたは強がっているけれども間もなく、わたしを否むと予告されます。ペトロが、あなたが捕えられる時が来たら一緒に行動し死にますと、自信たっぷりな決意を言い得たのは、罪がよく分かっていなかったからでしょう。
ところが主は、罪は宿命のように人間にまとわりついているだけではなくて、止めようとして止められるものではない、そういう恐ろしさがあることをご存知だった。だから、こう予告なさることができたのでしょう。
 この主の言葉を思い出した彼は、この言葉の何に泣いたのでしょうか。あなたにはできやしないと馬鹿にされたように感じたから、とても厳しく感じたから、涙にくれたのでしょうか。そうではなくて、この御言葉の中に、主の真実な御姿を見て、自分の罪に気づいた。こうおっしゃりながら主は、間もなく崩れてしまう弱いご自分の弟子を見下したり、あなたなんか知らないと突き放したりしておられるのではなくて、受けとめ、赦してくださっている、そう気づいたから、泣き崩れたのではないでしょうか。
 今の私たちにとって、主の言葉はどこにあるのでしょうか。それは十字架にあります。あの究極的で具体的な愛の御業こそが、主の言葉がどんなに真実であるかを明らかに示しています。
 ペトロは、主が十字架につけられた時に、その十字架のもとにいませんでした。逃げていた。また主を見捨てたことになります。どんなに泣き崩れたことでしょう。
 そんな彼のもとに、復活された主が現れます。そして、彼を再び、教会の指導者としてお立てになります。彼を立ち上がらせることができたのは、彼の決意や力ではなくて、主の言葉の力なのです。ただ一つ、十字架にある主の真実な御姿、赦しの愛こそが、人を本当に立ち上がらせる力、人をどん底から救う力となるのです。
 

説教一覧(2014年度)

2014.6.1
目を留めてくださる神
2014.6.8
地の果てに至るまで
2014.6.15
新しい喜び
2014.6.22
あなたを訪ねる王
2014.6.29
「できれば」と言うのか
2014.7.6
天使のメッセージ
2014.7.13
あなたはどこにいるのか
2014.7.20
今こそ、安らかに
2014.7.27
私のいるべき場所
2014.8.3
主の道を整えよ
2014.8.10
洗礼を受ける主
2014.8.17
主よ、しかし
2014.824
神に至る道
2014.8.31
誘惑と戦う武器
2014.9.7
実現する聖書の言葉
2014.9.14
実を結ぶ神の言葉
2014.9.21
力あるみ言葉
2014.9.28
町々を巡る主イエス
2014.10.5
み言葉が差し込む
2014.10.12
疲れた者に力を
2014.10.19
大胆に主に近づこう
2014.10.26
罪人を招く主
2014.11.2
もう泣かなくてよい
2014.11.9
右の手を取ってくださる主
2014.11.16
新しい喜び
2014.11.23
命に与る安息日
2014.11.30
主イエスの祈り
2014.12.7
幸いなるかな
2014.12.14
マリアの救い
2014.12.21
見よ、救いのしるしを
2014.12.28
地に届く天の光
2015.1.4
その方の星を見よ
2015.1.13
神の子とする霊
2015.1.18
心に逆らう愛
2015.1.25
主イエスを信じなさい
2015.2.1
土台の上に建てる
2015.2.8
痛みを伴う愛
2015.2.15
ただ一言に賭ける
2015.2.22
来たるべき方が来た
2015.3.1
歌え、神の国の歌を
2015.3.8
主イエスの言葉を思い出して
2015.03.15
安心して行きなさい
2015.3.22
主に仕える旅
2015.3.29
神の国の秘密