HOME | 説教 | 説教(2015年度) | キリストの仲間として

キリストの仲間として

説教要旨(10月4日朝礼拝より)
ルカによる福音書 12:1-12
牧師 藤盛勇紀

 主イエスのお話を聞こうと、群衆が詰めかけています。ところが「イエスは、まず弟子たちに話し始められた」というのです。主はまず弟子たちに、「ファリサイ派の人々に気をつけよ」と警告されました。ファリサイ派は、誰よりも信仰的に真面目で熱心でした。なのにその熱意は、いつの間にか神からそれて、自分の力や自分の正しさによって生きることに費やされ、燃やされるようになっていました。神の言葉をまるで自分の力を誇るノルマのように受け止め、人にもプレッシャーを与える。すでに、神の命に生きる喜びなど失せています。
 弟子たちは「群衆」の中でプレッシャーを受け、ファリサイ派や律法学者たちの批判にも晒され、ストレスを受けています。現代に生きる私たちもある意味、「群衆」の中で生きています。「群衆」は行く先が定まっているわけでもなく、目的を持っているわけでもなく、基本的に不安です。
 主は、その群衆の中で「まず」弟子たちにお語りになるのです。主と弟子たちがこの世に向かって告げ知らせてきたことは、「神の国が近づいた」という事実です。「小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる」(31)のです。
 ところが、「群衆」の中で生きていると、「神の国は本当に現実なのだろうか」と思われてきます。神がこの世界を治め、導いてくださっているというより、自分の目で見る限りでは、自分の実感では、この世界は何か人間の思惑や運命的な力に支配されているように感じられてしまう。
 しかし、そうではない!と、主は言われるのです。神の国は到来している。そうは感じられないし、そうは見えないだろう、しかし、神の国は「見える形では来ない」とも主は言われました。
 目に見えなくても、神の国が来ている事実を、私たちは知らなければなりません。もし知らなければ、いつまでも神でないものに支配されたままだからです。戦争が終結しても、現場の兵士がそれを知らず、あるいは信じなければ、無意味な戦いを続けることになるのと同じです。
 そこでイエス様は、見えない事実を確認するかのように、弟子たちに改めて言われます、「友人であるあなたがたに言っておく」と。最後の晩餐の夜以外で主が弟子たちを「友」と呼ばれたのは、ここだけです。それほどに、特別に親しく語られたのです。
 イエス様は「恐れるな」と言われました。「群衆」の中で生きれば、恐れを実感するだろう。しかし「恐れるな」。この世の様々な力は、あなたがたを殺すことさえあるだろう。しかし「それ以上何もできない」と。
 皆さんは、「殺されたら終わりじゃないか」と思ってないでしょうか。まして誰かに殺されるなんて。だから、この世であくせくし、思い煩い、恐れるのでしょう。
 しかしイエス様は、「殺した後で、地獄に投げ込む権威を持っている方」、神をこそ恐れよ、と言われます。「実は神の方が恐いから」ではありません。「五羽の雀と二アサリオン」のたとえを聞いてください。神は恐いどころか、いかに私たち一人一人を心にかけてくださっているか。だから、「恐れるな」と言われるのです。
 主は、「友人であるあなたがたに言っておくのだ」と、友に秘密を打ち明けるように、親しく語ってくださるのです。たとえあなた方が殺されたとしても、それでも私は決してあなたを見捨てない、だから「私の仲間」として、私のものとなって生きなさいと招いてくださっています。
 私たちも、キリストのもの、神の国の一員として生きるなら、この世にあって、人を恐れたり、心配したり、思い悩んだりは無用です。聖霊が私たちの内にも働いておられるからです。生きて働いておられるお方に信頼してよいのです。その信頼=信仰が、私たちを生かすのです。
 

説教一覧(2015年度)

2015.4.5
おめでとう、主は生きておられる
2015.4.12
主がお求めになるもの
2015.4.19
主イエスとの旅
2015.4.26
自由を取り戻す
2015.5.3
人の力尽き、信仰が折れても
2015.5.10
父の約束を待ちなさい
2015.5.17
遣わされて生きる
2015.5.24
命を支える霊
2015.5.31
人に仕える主
2015.6.7
救いへの道
2015.6.14
キリストを知る道
2015.6.21
神様の愛
2015.6.28
この曲がった時代に
2015.7.5
主イエスを受け入れる者
2015.7.12
幸せの中心
2015.7.19
人生の優先順位
2015.7.26
収穫は多い
2015.8.9
和らぎある教会生活
2015.8.16
もう自問自答はいらない
2015.8.23
必要なものはただ一つ
2015.8.30
上から来た祈り
2015.9.6
神の国は来ている
2015.9.13
あなたのともし火
2015.9.20
主が備えてくださる
2015.9.27
器の中身
2015.10.4
キリストの仲間として
2015.10.11
ここにも天のはしごは届いている
2015.10.13
平和のレベル
2015.10.25
あなたの豊かさ
2015.11.1
神の国を受け継ぐ者
2015.11.8
愛は神から
2015.11.15
大切なあなた
2015.11.22
何に備えて生きるか
2015.11.29
火を投ずる主
2015.12.6
今の時を見分ける
2015.12.13
あがめよ、わが魂
2015.12.20
はるばる来られた神
2015.12.27
忍耐して待つ神
2016.1.3
神の国は来ている
2016.1.10
狭い戸口から入れ
2016.1.17
救いの業は前進する
2016.1.24
神から招かれて
2016.1.31
創造の信仰
2016.2.7
宴会への招き
2016.2.14
旅立ち
2016.2.21
主の弟子として
2016.2.28
神の大きな喜び
2016.3.6
走り寄る父
2016.3.13
主イエスの沈黙
2016.3.20
光の子らの賢さ
2016.3.27
急いで行って告げなさい