ホーム | 説教 | 説教(2019年度) | 正しい者は一人もいない

正しい者は一人もいない

説教要旨(4月14日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 3:9-20
牧師 藤盛勇紀

 富士見町教会の創設者植村正久牧師が福沢諭吉と話をした時、福沢は「私は品行方正だ」と言って罪ということを全く理解せず、植村牧師は絶句したそうです。
 ここでパウロは、「律法を実行することによっては、だれ一人神の前で義とされない」「律法によっては、罪の自覚しか生じないのです」と言います。キリストを信じる者たち(教会)を迫害していたパウロは、生けるキリストと出会って、「目からうろこ」(使徒9:18)の経験をします。ユダヤ人は思っていました、「我々は神から与えられた律法を持つ民。異邦人とは違う」と。それが優越感となり、いわゆる選民意識となります。彼らにとって神の言葉である律法は、自分が高く昇るためのステップとなった。
 ところがパウロは、「ユダヤ人もギリシア人も(全ての人間は)皆、罪の下にある」「正しい者はいない。一人もいない」と、聖書の言葉から言い切ります。この事実の再発見から、改めてファリサイ派に代表されるユダヤ人の姿、自分自身の姿を見たのです。パウロ自身ファリサイ派。律法を守り、誠実に真面目に生きる人たちです。しかもパウロは、律法の義について自分は「非のうちどころがない」と言えた人間です。
 ところが、生けるキリストと出会って「目からうろこ」。そこで何を見たのか? 神の前で人間は皆ひっくり返っている事実です。律法をステップとして上へと昇って行っているつもりが、実は激しく落ちていた。
 律法とは何だったのか? 神の救いの恵みに与ったイスラエル・神の民が、神の御心に相応しく生きるために、神がモーセを通して与えて下さったものです。民に方向を与え、道を踏み外すことから守ってくれるガイドラインでありガードレールです。
 ガードレールに車をこすりつけたら冷や汗をかきます。「そっではない! こっちだ!」と修正させられるのです。律法も、私たちがぶつかり衝突するものなのです。
 イエス様はその律法を徹底させて言われました。「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、既に心の中でその女を犯したのである」(マタイ5:27~29)。
 どれほど外面を品行方正に保っていたとしても、内面を覗かれたらどうでしょう。いったい誰が「品行方正」だなどと言えますか。自分を「律法の点では非の打ち所のない者」だと言い切ったパウロは、それに続いて何と言ったか。そんなものは「塵あくた」「糞土」だ!
 イエス様は、「私が来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」と言われました。「品行方正」というものがなぜか人を気持ち悪くさせるのは、理由があるのです。律法が生ける神の言葉で、私たちの内面をご覧になる神の視線だとしたら、私たちは自分の正しさを誇ることなんかできるはずがありません。
 律法によって私たちは自分が裸だと知らされます。隠しようのない醜さが見透かされ、いたたまれなくなります。自分が裸だと悟ったアダムは、神の目を避けて木の間に隠れました。しかし神は、そんなアダムを呼ばれます。「あなたはどこにいるのか」。アダムを見失ったのではありません。神をあなどり、神に背き、その罪ゆえに隠れるアダムを見て、呼びかけるのです。「アダムよ、背いたことは分かっている。私はあなたたちと蛇とのやりとりを見、あなたが私を裏切るのを見ていた。しかしアダムよ、私の前に出てこないか」と。
 神の律法の中に、神の憐れみに満ちた呼びかけがあるのです。「あなたはどこにいるのか」「そっちではない、こっちだ」。神の御子イエスは、正しい人のためにでなく罪人のために来られ、その罪を担って御自分の命をもって贖い取ってくださいました。この方こそ、私たちの真の希望なのです。