神を誇る

説教要旨(8月4日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 5:6-11
牧師 藤盛勇紀

 大怪我から奇跡的なカムバックを果たし「努力の天才」と言われた元ジャイアンツの四番バッター小久保裕紀選手は、「あなたにとって『生きる』とは何か」と問われて、こう答えました。「朝起きると、『ああ今日も一日が始まるな』と思って充実してくる。『生きている』というより、『生かされている』という思いです」。これを聞いた時、私はちょっと意外な感じがしました。プロ野球界で頂点を争うトップ・アスリートにしては弱いのではないかと。
 しかし同時に、「生かされている」という言い方は、何だかクリスチャンのようだとも思いました。「自分の内の何か」によって生きるのでなく、「自力で掴む何か」でもなく、「下から積み上げていく」ということでもなく、「上から」与えられるというセンスです。
 しかし、たいていの人は確かなものを「下」に求めます。大地のように確かなものに足を下ろして生きることに、安心・平安を見出そうとします。しかしそれは、かえって危ういことなのではないでしょうか。足下の大地に確かさがあるでしょうか。
 私たちは何を頼りとし、何を望みとし、何をもって胸を張って生きられるのか。それは、《あなたは本当に何を「誇りとして」生きているか》ということでもあります。
 ローマの信徒の手紙の5章はこういう言葉で始まりました。「このように、わたしたちは信仰によって義とされたのだから、わたしたちの主イエス・キリストによって神との間に平和を得ており、このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています」。
 そして、パウロは、私たちは神の愛と神の破格の恵みの内に置かれていることを、語ります。私たちが罪人であった時、神に対して敵対する者、悪しき者、無価値な者、いてはならない者だった時、そんな私たちのために、神の御子は命を注ぎ出してしまわれたのだと。
 そこで与えられた《新しい命》を発見しているのです。この世からのものではなく、上から、溢れてくる恵みと命の発見です。そこに神との和らぎがあり真の命と平安がある。決して失われることのない、何よりも確かなものが、この私に注がれている。
 だからそこに希望があり、それは誇りでもあるのです。《誰が何と言おうと、この恵みを受けている私》《この私を豊かにしてくださるお方が、生きておられる》《この恵みから、このお方から、誰が私を引き離すことができようか! どうだ!》と、誇らしく生きられる(→8:37-39)。
 「それだけでなく、わたしたちの主イエス・キリストによって、わたしたちは神を誇りとしています。今やこのキリストを通して和解させていただいたからです」とあります。神に愛され恵まれている自分を知った人間は、神との和解の中に、平安の中に、誇りを持って生きます。神と和らいでいるなら、自分を受け入れ肯定して、胸を張って、喜んで生きられるのです。
 小久保さんの、「生きているというより、生かされている」というセンスも、やはり強さなのです。ただ、それは漠然とした上からのものを信頼したい、上をまさぐるような、求道者的なセンスでしょう。
 私たちは、「わたしたちの主イエス・キリストによって」、神を誇りとしています。この方に結ばれるなら、上から注がれる愛がどれほど豊かなのか分かってきます。いわば、上が見えてくる。「上」とはどこなのかが分かる。その上(天)からのものこそが、下にあるこの世の地上の命を支え、意味を与え、充実させます。上なるお方がハッキリすると、下なるものが確かになり、移りゆくこの世にあっても平安があります。神との和らぎに生きる者は、「神を誇りとする」。ここに、確かな命の充実があります。