ホーム | 説教 | 説教(2019年度) | 愛されている確信

愛されている確信

説教要旨(2月2日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 8:37-39
牧師 藤盛勇紀

 パウロは、宣言し歌うように語ります。「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、…他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです!」。
 信仰は「確信」です。あやふやで曖昧なものによって生きることはできませんから。でも、信仰があってもなぜか、「確信がほしい」「私は信仰の弱い者だから」と思ってしまう。あなたに確信がないとすれば、それはあなたが弱いからではなく、強すぎるのです。自分を手放せず、自分の知恵や力や可能性、あるいは他者や周りにあるものにしがみついて離さない。
 「確信」は自分で獲得するものでも、自分で発揮するものでもありません。むしろ、自分を手放した者の、ゆったりとした平安、そこにある確かさです。「私は確信している」という言葉は受け身です。主が私に、親しく懇ろに、あるいは熱く語っておられ、私は説き付けられている。この方に、「ああ主よ、そうです」と応えていることです。
 1:17に、「初めからから終わりまで信仰を通して実現されるのです」ありました。これはかなり意訳で、じつは単純に「信仰から信仰へ」です。新しい訳は「真実から信仰へ」となりました。まず、神の信実があり、それに触れられて、信仰など無い私たちに信仰が生まれる。まさに「真実から信仰」です。
 イエスの霊において、神ご自身が私たちに近づき、語り、触れて下さった。しかも頑なな私たちの前に、ご自身を無にして、真実をもって、語り続けておられる。この《神の信実》に気づいて、ほだされ、説き付けられているのが確信です。生ける神への生きた応答であり、喜びと感謝と平安の表現なのです。私たちはその神の民として、神はどういうお方であって、何をしてくださったのかを共同体としても言い表します。
 パウロの「確信」も自分の内から出てきたものではありません。では、どこから来たのか? 15節で「アッバ、父よ」と呼んだ、この父からです。私たちは「父よ」と呼ぶ「子供」。しかし、だだの子ではなく「放蕩息子」(ルカ15章)。あの息子は自分勝手な思いをもって、父のもとを離れます。やがて全財産を使い果たし、惨めさを思い知り、こういう思いを一人で抱きます。「父の家へ帰って、罪を犯しましたと告白して、『もう息子と呼ばれる資格はありません』と言おう。今さら息子とは言えない。雇い人の一人にでもしてもらおう」。
 彼は帰って行きます。「ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した」。このたとえ話の主役は放蕩息子ではありません。罪を告白したので赦された、などという話でもありません。これは、あなたの父はどんな方なのかを語っている、「父のたとえ話」なのです。
 この父によって抱かれた子の驚きと喜び、この父を誇る子の思いを、パウロは語るのです。「死も、命も、…どんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできない!」。
 神の子とする霊によって魂が砕かれたのです。パウロは強くなったのではなく、弱くなった。しかし神は、こんな憐れな救いようのない私に走って来ておられた。
 神は、うつむいてとぼとぼと歩く私たちに、「走り寄って来た神」です。パウロは御子イエスに結ばれて、父の真実を知ったのです。「もう、子と呼ばれる資格はない」との思いも言葉も、父の愛の中に消えていく。恐れに陥れる霊ではなく、神の子とする霊をいただいて「アッバ、父よ」と呼ぶからです。私は確信しています、もうどんなものも、この父の愛から私たちを引き離すことはできないのです!

説教一覧(2019年度)

2019.4.7
神の愛の怒り
2019.4.14
正しい者は一人もいない
2019.4.21
私があなたと共に行く
2019.4.28
起きて神を呼べ
2019.5.5
行いによらず、恵みによって
2019.5.12
信仰によって現実を生きる
2019.5.19
イエスの血による贖い
2019.5.26
価を払わずに得よ
2019.6.2
父祖アブラハム
2019.6.9
聖霊の力を受けて
2019.6.16
神さまから与えられた家族
2019.6.23
主にある救い
2019.6.30
望み得ないときの望み
2019.7.7
希望は生まれる
2019.7.14
賛美の湧き出る泉
2019.7.21
神との和解
2019.7.28
罪人を愛する神
2019.8.4
神を誇る
2019.8.11
アンバランスな恵み
2019.8.18
恵みは満ちあふれる
2019.8.25
第二のスタート
2019.9.1
死から生きる
2019.9.8
上を見て生きる
2019.9.15
神から派遣されて
2019.9.22
賜物としての命
2019.9.29
きっぱりと捨てよう
2019.10.6
まず砕かれてこそ
2019.10.13
時が迫っているから
2019.10.20
絶望から生まれた信頼
2019.10.27
あなたの怒りは正しいか
2019.11.3
肉に死に、霊に生きる
2019.11.10
祈りの動機
2019.11.17
私たちは神の子
2019.11.24
神の子とされて
2019.12.1
神の子らよ現れよ
2019.12.8
祈れない時にも
2019.12.15
万事が益となる
2019.12.22
人となった神
2019.12.29
神の主権と深い愛
2020.1.5
神が味方ならば
2020.1.12
宿命をも破る主
2020.1.19
決して離さぬ愛
2020.1.26
神の友になりなさい
2020.2.2
愛されている確信
2020.2.9
主にあって
2020.2.16
同胞のための冒険
2020.2.23
血よりも濃く
2020.3.1
神の不思議な選び
2020.3.8
イエスを主とする仲間
2020.3.15
神の怒りと憐み
2020.3.22
生きて残された者
2020.3.29
救いは向こうから来る