HOME | 説教

今週の説教

キリスト者の自由

説教要旨(1月7日 朝礼拝より)
ガラテヤの信徒への手紙 5:2-15
牧師 藤盛勇紀

 キリストの恵みと自由に与ったのに、不自由な生き方、律法の奴隷に留まっている。パウロは厳しく指摘し、律法に基づく「割礼」を問題にします。パウロはもともと、割礼については場合によっては受けさせる自由を持っていました。ただここでは、割礼(律法)は結局、「キリストとは縁もゆかりもない者」としてしまう、いただいた恵みさえ失うのだ、とさえ言います。
 なぜそこまで割礼が大問題なのでしょうか。それは、救いと結び付けて考えられてしまっているからです。キリストと結ばれ、新しい命が与えられ、神の子とされている。なのに、もっと何かを行って救いを確かにしたい、確かな何かを身に帯びたいと思う。あるいは、「これをしなかったら救われたとは言えない」と、救いの条件のように考えてしまう。それが律法主義となります。
 そうした思いは、キリストの十字架の恵みを忘れさせてしまいます。それが「つまずき」です。人は、つまずかせるものに腹を立て、蹴飛ばしたくなります。つまずかせる人がいれば赦すことができず、赦しの神に我慢ならなくなります。つまずいた人は、結局十字架につまずき、神を蹴飛ばすのです。それがつまずきの恐ろしさです。
 すると、救いの確かさを何か他のものに求めざるを得なくなります。人間は誰でも正しさを求め、信仰者は信仰者らしい正しさや神の前での正しさを求めますが、その正しさを自分の中に見出そうとする心が、自分をつまずかせることになるのです。
 だからパウロは言います、「義とされた者の希望」は、神の「霊」により、「信仰」によるのだと。私たち自身の内にどれほど正しさを求め、救いの確かさを求めても、私たちは自分を正すこともできなければ、自分を生かすこともできません。しかし、そのような私たちが生きるために、神の独り子は人となり、罪人として死んでくださって、私たちは赦され霊的に新しく生まれたではないかと、パウロは言います。だから、神ご自身が成して下さる御業と、神が与えて下さる言葉に希望をもって、自らを委ねる。それが「信仰」ではなかったかと。
 だから割礼の有無、つまり人間の行為は問題ではない、「愛の実践を伴う信仰こそ大切です」と言います。これは微妙な訳で、愛において働く「信仰だ」というのです。14節に「隣人を愛せよ」の戒めが出てきますが、これは「自分を愛するように」が前提です。「自分を愛する」とは自明のことではなく、自分自身が受け入れられない人、自分と折り合いがつかない人がいます。「私はこれをしなれば、私もああでなければ」と、いつまでも自分になれず、いつまでも自分探しをする。自分を失っているのです。
 「隣人を愛しなさい」を、神の言葉として聞くのであれば、その前提として、聞いている自分が、語っておられる神ご自身から愛されていることに気づくことです。そうでなければ、「隣人を愛さなければ」「隣人愛を実践しなければ」「キリスト者はこうでなければ」と、神の戒めがその人を縛り、不自由にするだけです。
 まず、あなた自身が何者であるか、どれほど価値ある者であるかを知ることです。「空の鳥を見なさい、野の花を見なさい、神はあれほどに養い装って下さっているではないか」と主イエスは言われました。そして「あなたがたにはなおさらなのだ」と。
 この神の愛とキリストの恵みの内で、私たちは自分を愛し、自分に自信を持ち、キリストと共に他者に仕えていこうとする自由を得るのです。
 「キリスト・イエスに結ばれていれば」、割礼など問題ではありません。「ああでなくてはならない、こうでなければ」と、こわごわ半身になって生きる必要はありません。キリストに結ばれること以外に、どうしても必要などというものは、一切何もありません。そこに、自由に生きる道があります。