HOME | アーカイブ | 新教会堂のご紹介 | 新教会堂のご紹介

※本コーナーの各ページは2013年4月頃に掲載されたものです。

新教会堂のご紹介

富士見町教会は2013年10月新しい教会堂を献げます。

 下の写真は新しい教会堂の完成予想図です。実際の外観や礼拝堂の写真は本年8月頃ご紹介出来る予定です。 

 新しい教会堂は現会堂より約20メートル九段側に位置し、会堂の入口は開放的なガラス貼り、全体は祈る人の手の形を思い起こさせます。
 
 下は礼拝堂内部のイメージです、天を頂きとする三角形状が幾重にも重なります。

飯田橋駅西口地区市街地再開発事業

 富士見町教会始め東京警察病院跡地がある千代田区富士見二丁目一帯約1万6,700m2を再開発し、歴史的環境を活かした街が作られます。この再開発により、教会棟、業務・商業棟と住宅棟3棟が新たに建設され、現在富士見町教会が有る場所は広場として生まれ変わります。

新教会堂の概要

新教会堂は2013年7月末完成予定です。
・ 敷地面積:1,000平米 
・ 建築面積: 792平米
・ 延床面積:1,674平米 
・ 建物高さ: 25.74米
・ 建物構造:鉄骨鉄筋コンクリート
 
一階
・エントランスホール ・小礼拝堂 ・多目的ホール ・教会学校教師室 ・小部屋 ・事務室 ・会議室 ・倉庫 ・厨房
 
二階
 ・礼拝堂 ・幼児礼拝室 ・祈祷室 ・聖餐準備室 ・教務室 ・多目的室 ・休憩室