HOME | 説教 | 説教(2009年度) | 万事が益となる

万事が益となる

説教要旨(4月26日 朝礼拝)
創世記 第22章 15~18節
ローマの信徒への手紙 第8章 26~30節
倉橋康夫

 本日は、ロマ書の28節を中心にして、メッセージを聞きます。原文では冒頭に、<わたしたちは知っています>、とあります。この「知っている」という字は、22節にもありますが、公に、高らかに宣言するかのように言うことであり、信仰者の公同的知識・信仰者全体の共通の知識を表明するのです。自分の救いと望みについて、次のことは確かなことだ、と言います。<28 神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを>、私たちは知っている、と。文語訳聖書では、<凡てのこと相働きて益となるを我らは知る。>でした。全てのことが、互いに作用し合って、万事良い結果となる、というのです。しかし、それはこのみ言葉が指し示す一つのケースと言うことはできても、このみ言葉の核心・中心ではありません。
 口語訳聖書では、<28 神は、愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に、万事を益となさるようにして下さることを、わたしたちは知っている。>でした。つまり、「益となる」とは、確かに自分にとって益となることですが、自分の願い通りになることではなく、神のみ旨に沿って益となることなのです。<凡てのこと相働きて益となる>ということの中心に、「神のみ旨」を置かなければ、このみ言葉の真意を外すことになってしまいます。<益>という字は、「善」が原意です。善とは、神のみ旨に適うことを意味します。神のみ旨に従って、自分にとって「善」となる、「益」となる結果がもたらされる、ということです。神のみ旨・ご計画が存在するのです。結局は、神のご計画が揺るぎなく推し進められる、というこの1点に尽きる事柄です。
 Ⅰコリント第8章で、<3 しかし、神を愛する人がいれば、その人は神に知られているのです。>、とパウロは言っています。神が私たちを知って下さることが先行してあり、それで私たちが神を愛する道へと導かれます。神が私たちを知るとは、味方となって下さること、愛し、憐れんで下さることを意味します。愛するとは、本来自分を犠牲にすること、自分を与え尽くすことを意味します。ヨハネ福音書 第3章16節に、<神はその独り子をお与えになったほどに、世を愛された。>、とあります。ここに、本来の愛の姿が示されている、と言えるでしょう。ところが、私たち人間が神を愛する道は、神を信頼し、自分自身を神に明け渡し、委ね切ること、信仰以外ではあり得ないと言うべきです。
 併せて読んだ創世記 第22章の記事は、イサクの奉献の試みを受けた後に、改めてアブラハムに主なる神が確認された祝福の約束です。そこで、主の御使いから告げられたことに、<あなたがこの事を行い、自分の独り子である息子すら惜しまなかった>、とあります。アブラハムは、主なる神の指示に、ひたすら聞き従おうとしました。神に全幅の信頼を寄せ、委ねたのです。しかし、実際に独り子を惜しまず、世の救いのために犠牲になさったのは、神ご自身であったことを、私たちは知っております。
 扨て、27節aに、<人の心を見抜く方は、“霊”の思いが何であるかを知っておられます。>、とあります。この「霊の思い」については、6節で述べられていました。<霊の思いは命と平和>である、と。聖霊は、この思いをもって、私たちを執り成し、神は「万事が益となるように」、「命と平和」へと導いて下さる、ということです。それは、今既に、私たちに与えられている信仰の歩みであり、将来の希望でもあります。最終的に「命と平和」に入れられるのは、将来のことだからです。このように、私たちキリスト者は、「万事が益となる」ように神が為して下さることを確信し、神に信頼し、委ねる歩みに他なりません。
 

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく