HOME | 説教 | 説教(2009年度) | 神の義によって

神の義によって

説教要旨( 9月6日 朝礼拝 )
イザヤ書 第51章 4~8節
ローマの信徒への手紙 第10章 1~4節
倉橋康夫

 パウロは、<兄弟たち>と、ローマの信徒たちに親しく呼びかけ、「心からの願い」と「神への祈り」を語ります。それは、ユダヤ人の救いについてです。パウロは、<わたしは彼らが熱心に神に仕えていることを証しします>、と言います。しかし、ユダヤ人たちの神への熱心が、主イエス・キリストを十字架につけることになったのです。神への熱心に生きていた人々が、自分たちの主張する義の名の下に、主イエスを神を冒瀆する者として殺してしまいました。「神への熱心」については、パウロ自身、誰にもひけを取りませんでした。でもパウロは自分について、<熱心さの点では教会の迫害者>(フィリピ3 : 6)、と述べています。パウロは復活の主との出会い(使徒言行録9 : 1~ 5)を通して、過ちに気づかせられました。
 ここで、<この熱心さは、正しい認識に基づくものではありません。>とは、パウロ自身の実感でもありました。正しい認識に基づかない熱心が、どれほど恐ろしいものであるかをパウロは痛感しています。これは、人間的な知恵や知識のことではなく、主キリストの十字架から与えられる正しい知識のことです(Ⅰコリント 1 : 18~31)。
 それでは、主キリストの十字架によって与えられる正しい認識とは何か。既に第3章26節で、十字架の意味について、<このように神は忍耐して来られたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです。>、と述べられていました。主キリストの十字架は、信じる者の罪を赦して義とする神の恵みですが、それ以前に、神の正しさ・神の義を明らかにするものなのです。それに気づくことをパウロは<正しい認識>と言います。併せて読んだ、イザヤ書 第51章で次のように預言されています。<4節・・わたしは瞬く間に/わたしの裁きをすべての人に光として輝かす。/5節 わたしの正義は近く、わたしの救いは現れ/わたしの腕は諸国の民を裁く。・・・>、と。ここでの<裁き>とは、単純に「断罪」を指すのではなく、神の義の貫徹のことであり、人間を救いへと導くことを意味します。
 そこでパウロは、ユダヤ人のあり方はについて、<神の義を知らず、自分の義を求めようとして、神の義に従わなかった>、と指摘します。自分の義を立てることによって、信仰生活が成り立つかのように考えることは、神の義の何たるかを知らない思い上がりだ、と言うのです。私たちの信仰生活に求められることは、自分の義を立てることではなく、神の義に従うことです。神の義に従うとは、主キリストの十字架の恵み、を感謝して受けることです。そして、この神の恵みを信じて受けることが、「神の義によって」生きるということです。
 そして、この主キリストの十字架こそが全き救いのみ業であった、ということを、パウロは<キリストは律法の目標であります。>、と言います。主キリストの十字架こそ、律法の目標とするところ、即ち、神の義を明らかにする出来事でした。あの主の十字架によって、律法が満たされ、成就したのです。
 その信仰の歩みは、最早、自分の義を立てようとする偽りに満ちたものではなく、打ち砕かれ、ただ「神の義によって」生かされる生活となります。この「神の義によって」生かされる幸いな歩みは、<信じる者すべて>に与えられます。パウロは同胞のユダヤ人の救いを切に願っています。しかし、主キリストの福音の射程は、信じる者全てに向けられているのです。これが、神の為し給う救いのみ業だからです。従って、パウロは、ただ「神の義によって」生かされることを願う者に、同胞が加えられるように、と祈るしかないのです。私たちもまた、信じる者全てに与えられる「神の義によって」生きる者とされています。
 

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく