HOME | 説教 | 説教(2009年度) | 心を新たにし

心を新たにし

説教要旨( 2月 21日 朝礼拝)
エゼキエル書 第36章 25~32節
ローマの信徒への手紙 第12章 1~2節
倉橋康夫

 パウロは、キリスト者の生活・救われた者の生き方について語り始め、1節で「なすべき礼拝」について語り、この2節ではこの世に倣ってはならない、と言います。この「倣う」とは、「図式・様相を合わせる」という意味です。この世に支配的な考え方や生き方に、自分を合わせてしまうことです。確かに、自分の体を神に献げる歩みを始めたキリスト者は、この世に倣う生活から自由にされている、と言えるでしょう。
 そこで、パウロは、ただ、この世に倣うな、と言うだけでなく、より積極的な勧めをします。それは、<心を新たにして自分を変えていただ>く、ということです。或る人は、「自分の存在の一番深いところにあるもの、本音と言っていいかもしれません。本音を変えるのです。」、と言います。つまり、私たちの生き方の全て、具体的な日々の生活も、また主の日の礼拝も、その全てが本音の歩みとなるのです。
 ところで、その際に、パウロは、<心を新たにし>、と言います。「心の改新により」(直訳)です。この「心」という字は、「理性」を意味します。つまり、単なる心情とか心根というのではなく、責任を持って判断する心のことです。或る人は、「心の改新は、新生と同じく、バプテスマにおける聖霊の業としてなされる」、と説明しています。私たち人間の弱さを思う時、聖霊の助けなしに、心の改新も、自分を変えることもあり得ない、と言うべきです。
 併せて読んだ、エゼキエル書 第36章で、主なる神は、<26節 わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。>、と言われます。これは、主なる神のみ業による再創造の約束です。最終的に、「心を新たにし」て下さるのは、神のみ業・聖霊のみ業です。従って、聖霊によって「心を新たにし」ということになります。
 パウロは、聖霊によって心を新たにし、自分を変えていただくことの、目的・目標について、<何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるように>なるためである、と言います。ここで、<完全なこと>とは、目的が達せられたそのこと、という意味です。神の目的が達せられたことを指し示しているのです。それは、あの主キリストの十字架の死と復活によってです。この出来事に思いを集中することが、即ち心を新たにすることに他ならず、神に喜ばれることです。私たちの心が、本音が、この世に倣う方向を向くのではなく、神の救いのみ業に向かうのです。
 「心を新たにし」とは、このように、自分の心、本音・本心を、主キリストの福音に沿うものとすることです。み言葉によって整えられること、と言っても良いでしょう。つまり、主キリストの福音によって、自分の心を新たにするのです。そして、この「心を新たにする」ことは、不断に続けられる歩みです。み言葉に促され、主キリストの十字架の死と復活の出来事に連れ戻され、私たちは繰り返し、心を新たにするのです。その歩みは、聖霊のみ業に与り、自分を変えて頂く歩みです。そのことによって、私たちは、神のみ心、善いこと、神に喜ばれまた完全なことを弁えて生きる者とされます。
 この<わきまえる>という字は、鉱石の純度を試し・確かめるという意味です。叩いたり、火にかけたり、苦労しながら確かめることです。それは、弁えるには苦労を伴うものだ、ということです。涙を流すこともあるし、手傷を負うこともあるでしょう。けれども、私たちキリスト者は、この世に倣い、流されるのではなく、主キリストの救いに堅く繋がれ、神の眼差しの下に生きるのです。此の週もまた、聖霊によって「心を新たにし」、救いに入れられた者として、感謝と喜びに溢れて、信仰の歩みを進めて参りましょう。
 

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく