HOME | 説教 | 説教(2009年度) | 永遠の命を受ける

永遠の命を受ける

説教要旨( 6月21日 朝礼拝・CSとの合同礼拝)
ルカによる福音書 第18章 18~23節
倉橋康夫

 今日は、「花の日・子どもの日 合同礼拝」です。先週の教会学校の説教で、何を聞いたか、覚えていますか。説教題は、「感謝して、洗礼を受けよう」でした。思い出して下さい。
 さて、今日の聖書個所で、<議員>が登場します。議員とは、イスラエルの国の重大なことを決める「議会」のメンバーで、身分の高い人です。その議員がイエスさまの所にやって来て、質問をしました。<「善い先生、永遠の命を受け継ぐために、何をしたらよいでしょうか」>、と。そこで、イエスさまは、<『姦淫するな、殺すな、盗むな、偽証するな、父母を敬え』という掟>を、あなたは知っているだろう、と言われました。この人は自信満々、それは子どもの時から守っています、と答えました。みな守っているから、永遠の命を受けられる、と思ったのかも知れません。けれども、イエスさまは、<「あなたに欠けているものがまだ一つある。>、と言われました。<欠けているもの>とは、足りないこと・不足なこと、という意味です。
 みなさんは、イエスさまから、いつも、ちゃんと・きちんとしているか、と尋ねられたら、どう答えますか。はい、一所懸命、神さまから喜んでいただけるように、やっています、と答えられますか。そうかも知れません。毎週教会学校にも来ているし、友だちとも仲良くするよう気を付けているし、困っている人には親切にするようにしてるし、色々・・・、言えるでしょう。この人も自信満々に、答えることができました。けれども、イエスさまは、その人に対して、あなたにはまだ一つ欠けているものがある、と言われたのです。
 それは、<持っている物をすべて売り払い、貧しい人々に分けてやりなさい。>、ということでした。しかし、これを聞いて、その人はがっくりしてしまいました。聖書に、彼は<大変な金持ちだったから>、と書かれています。自分の持っている沢山の財産を売り払うなどとんでもない、と思ったのです。それ程、財産が大事だったのです。私たちにも大事にしているものが、色々あります。おもちゃ、絵本、またゲーム機、気に入っている洋服、・・・そして、お金そのもの。けれども、それらを大事に思う余り、他の人に分けてあげれない、貸してあげることもできず、それにしがみ付いていると、イエスさまはそれは違うんじゃないか、と言われるのです。多く持っている人は、持っていない人に分けてあげることが大切だ、と。
 <すべて売り払い>とは、文字通り全部売ってしまえ、というのではなく、自分の持ち物にしがみ付かず、独占せず、手離すことができる程に自由になる、ということです。だから、<そうすれば、天に富を積むことになる。>、と言われるのです。<天>とは、神さまのおられる所です。神さまの許に、富を積む・宝を積むということこそ大事だ、と。私たちの心を、いつも神さま・イエスさまに向けている、自分中心ではなく、神さま・イエスさま中心に生きることです。
 ところで、私たちはこのように、日曜日毎に、教会に集まって礼拝を捧げています。普段の日曜日は、教会学校と一般礼拝に分かれているけれども、それぞれに礼拝を捧げています。神さま・イエスさまに、私たちの心を向けて、礼拝を捧げているのです。今日の説教の題は、「永遠の命を受ける」です。「永遠の命を受ける」とは、いつも、そしていつまでも、生きている、ということです。そして実は、「永遠の命」とは、いつまでも神さま・イエスさまと一緒にいることを意味します。神さま・イエスさまと結ばれている、ということです。そのためには、洗礼を受けて、教会に繋がることが大事です。私たちは、自分ひとりで信仰を守っていくことができないからです。教会に繋がり、みんなと一緒に礼拝を捧げながら、永遠の命を受けて、いつまでも、神さま・イエスさまと一緒に、私たちは生きていくことができるのです。私たちが「永遠の命を受ける」ために、イエスさまはこの世に来てくださいました。父なる神さまが、イエスさまをお遣わし下さったのです。
 
 

説教一覧(2009年度)

2009.04.05
聖霊の執り成し
2009.04.12
主キリストは復活された
2009.04.19
わたしは知っている
2009.04.26
万事が益となる
2009.05.03
栄光への歩み
2009.05.10
渇いている人
2009.05.17
神が味方
2009.05.24
神の愛に結ばれて
2009.05.31
聖霊を受けた人々
2009.06.07
輝かしい勝利
2009.06.14
もう罪を犯してはならない
2009.06.21
永遠の命を受ける
2009.06.28
あなたの手に渡す
2009.07.05
わたしの確信
2009.07.12
わたしに従う者
2009.07.19
悲しみと痛みの中から
2009.07.26
神の言葉は貫かれる
2009.08.02
神の憐れみによって
2009.08.09
真実なる裁き
2009.08.16
我々はその時
2009.08.23
神に造られた器
2009.08.30
信仰による義
2009.09.06
神の義によって
2009.09.13
あなたたちは自由になる
2009.09.20
心で信じて、口で言い表し
2009.09.27
誇りは増し加わる
2009.10.04
信仰は聞くことから
2009.10.11
神の言葉を聞く者
2009.10.18
神はその民を見捨てられない
2009.10.25
人々の先頭に立って渡る
2009.11.01
勝利を賜る神
2009.11.08
決して死なない
2009.11.15
真実の言葉を話す
2009.11.22
躓きから救いへ
2009.11.29
聞かれない祈り
2009.12.06
神のご計画への信頼
2009.12.13
神の業が現れる(文書なし)
2009.12.20
神の愛が現れた
2010.01.03
神の秘められた計画
2010.01.10
あの人をどう思うか
2010.01.17
今日も生きている
2010.01.24
栄光が神に永遠に
2010.01.31
神の憐れみによる勧め
2010.02.07
なすべき礼拝
2010.02.14
正直に答えなさい
2010.02.21
心を新たにし
2010.02.28
己れを知る
2010.03.07
一つの体の部分として
2010.03.14
わたしに従いなさい
2010.03.21
賜物を生かす
2010.03.28
勇気をもって雄々しく