HOME | 説教 | 説教(2008年度) | 父なる神さま

父なる神さま

説教要旨(11月16日 朝礼拝 教会学校との合同礼拝)
コリントの信徒への手紙一  第 8章 6節
倉橋康夫

 今日は、教会学校の生徒と教会員関係の子どもたちと、一般礼拝参加者とが一緒の合同礼拝です。
 今日の礼拝に与えられた聖書個所は、コリントの信徒への手紙一 第 8章6節です。ここに、<6わたしたちにとっては、唯一の神、父である神がおられ、万物はこの神から出、わたしたちはこの神へ帰って行くのです。また、唯一の主、イエス・キリストがおられ、万物はこの主によって存在し、わたしたちもこの主によって存在しているのです。>、と書かれています。
 みなさんは、神さまってどのような方だと思いますか。どこに居られて、何をされている方でしょうか。そうです、天におられます。そして、いつも私たちを見守っていて下さいます。そしてまた、このようにみんなで礼拝をしている時に、目に見えないけれども、ここに居て、私たちの礼拝を喜んで受けていて下さいます。ここには、お年寄りから、赤ちゃんまで、富士見町教会に繋がっている人たちがいます。勿論、ここに来られない人たちも大勢います。病気のため、老人で体が不自由になって、都合がつかなくて、来たかったけれども、来られなかったのです。そのような人たちのことも私たちは覚えながら、みんなで、神さまとイエスさまを礼拝しているのです。神さま・イエスさま、いつも私たちを見守って下さってありがとうございます、って感謝し、ほめたたえているのです。
 今日の聖書は、<わたしたちにとっては、唯一の神、・・・・。また、唯一の主、イエス・キリストがおられ>る、と言っています。私たち、教会に繋がっている人にとって、一番嬉しく、大切で、感謝したいことは、このことだ、と言うのです。「わたしたちにとっては、唯一の神、また唯一の主イエス・キリストが居られる」。これ程嬉しく、心強く、感謝なことはないからです。だから、私たちは、このように、日曜日毎に、教会に集まって礼拝を捧げるのです。普段の日曜日は、教会学校(幼小科と中高科)と、一般礼拝に分かれてしているけれども、それぞれに礼拝を捧げています。そのように、教会は何よりも、神さまを礼拝する処です。
 このように、礼拝を捧げることを最も大事にするのは、唯一の神さまと唯一のイエスさまが居られ、私たちをいつも守り、支え、導いていて下さる、と信じているからです。「唯一の」って言うのは、唯おひとり、ということです。私たちには、他の神さまのようなものは必要ない、神さまとその御子・イエスさまだけでいい、ということです。
 そしてまた、今日の聖書には、<唯一の神、父である神がおられ>、と書いてあります。<父である神>の「父」とは「お父さん」のことです。私たち誰にでも、人間のお父さんがおります。けれども、聖書は、その人間のお父さんのことではなく、私たちには<唯一の神、父である神>がいるのだ、と言っているのです。つまり、神さまが、私たちの「お父さん」なのだ、と。
 本当は、神さまの独り子がイエスさまであって、他には神さまの子はいません。けれども、神さまを信じ、イエスさまを信じる私たちは、神さまを「私たちのお父さん」と呼んでいい、と言うのです。そうなら、おとなも子どもも、誰にとっても、居なくなることのないお父さんです。そして、実際、私たちはしょっちゅう神さまを、「私たちのお父さん」と呼んでいます。それは、「天にまします我らの父よ」って、呼びかけている時のことです。そうです、「主の祈り」を祈る時です。主の祈りは、イエスさまが、このように祈りなさい、そのように祈って良い、と言って教えて下さった祈りです。本当の神の独り子である、イエスさまが許して下さったのです。ですから、私たちは、憚ることなく、神さまを「父なる神」さま、って呼ぶことができます。畏れ多いことですが、嬉しいことであり、喜ばしいことです。私たちは、神さま・イエスさまに愛され、守られています。このことを忘れず、感謝して毎日歩んでいきましょう。
 

説教一覧(2008年度)

2008.04.06
不信心な者を義とする方
2008.04.13
わたしの食べ物
2008.04.20
福音の射程
2008.04.27
信仰の父アブラハム
2008.05.04
神の約束に生きる
2008.05.11
ここに水があります
2008.05.18
信仰によって強められ
2008.05.25
今の恵み
2008.06.01
聖霊によって、神の愛が
2008.06.08
あなたがたは、決して信じない
2008.06.15
まことの神であり、まことの人
2008.06.22
神の怒りからの救い
2008.06.29
向きを変えて、行きなさい
2008.07.06
神を喜びを誇る
2008.07.13
良くなりたいか
2008.07.20
罪が死をもたらす
2008.07.27
恵みの豊かさ
2008.08.03
恵みが支配する
2008.08.10
新しい命に生きる
2008.08.17
驚いてはならない
2008.08.24
神に属すること
2008.08.31
主と一体になって
2008.09.07
神に生きる
2008.09.14
あなたたちが救われるために
2008.09.21
自分自身を神に献げよ
2008.09.28
自由と服従
2008.10.05
賜物としての永遠の命
2008.10.12
あなたの中にある光
2008.10.19
新しい生き方
2008.10.26
この人たちに食べさせる
2008.11.2
わたしたちの本国
2008.11.9
恐れることはない
2008.11.16
父なる神さま
2008.11.23
永遠の命に至る食べ物
2008.11.30
神に背負われて行く道
2008.12.7
罪が掟を利用し
2008.12.14
天から降ってきたパン
2008.12.21
主キリストのご降誕
2008.12.28
聖なる律法
2009.01.04
罪の正体
2009.01.11
命を与える霊
2009.01.18
撃ち破られてはならない
2009.01.25
惨めさからの救い
2009.02.01
主キリストに結ばれて
2009.02.08
備えられている時
2009.02.15
人となられた神の御子
2009.02.22
霊の思いは命と平和
2009.03.01
アッバ、父よ
2009.03.08
真実な人
2009.03.15
苦しみと栄光
2009.03.22
さあ、立ち上がりなさい
2009.03.29
虚無と希望