ホーム | アーカイブ | 教務室便り | 2015 | こんにちは。

 こんにちは。今回からは、絵や写真と一緒に、みなさんにメッセージを届けたいと思っています。
 この「淡い花」は、私たちの教会の大学生Amenaさんが描いてくれました。キリストの愛と優しさと、人への歓迎の気持ちをこの花に込めているそうです。

 「~☆~♪~☽~花も月も星も、すべては、主(=神さま)のまこととあわれみと尽きない愛をあらわす~☆~♪~☽~」
(讃美歌第二編 191番より)
 
 聖書では、私たち人間も、花も月も星も、「被造物(=神様がお造りになったもの)」と言います。
神様は、花や月や星、それから木々や水の流れによっても、私たち人間の命を潤し、心を和ませてくださるお方なんです。
 
悲しい事件が後を絶たない毎日ですが、こうして、この地上に与えてくださっている神様の恵みの数々へと、ひととき、みなさんと一緒に、呼び出してもらいたいと思っています。そして、私たち人間は、キリストの尽きない愛と優しさに囲まれていることを、喜び楽しみたいなと願っています。
 次回はどんな作品が生まれるのかな。楽しみです!みなさん、乞うご期待(^_-)-☆
 
(2015/2/12)






更新情報

2018.6.21

路の光 第771号

※閲覧にはパスワードが必要です。

2018.6.17

6/10朝礼拝「計り知れない富」

2018.6.10

6/3朝礼拝「知らされた計画」

2018.6.3

5/27朝礼拝「我らは神の住まい」