HOME | アーカイブ | 教務室便り | 2016 | 「元気」は実は近くに

「元気」は実は近くに

 「たまちゃんの部屋」へようこそ!お久しぶりです<m(__)m>。今、この暑さに負けないくらい、広島カープは盛り上がっています(たまちゃんはカープ女子です(^O^)/。巨人も好きですよ、本当に)。
 
 人と人の関係っていろいろですね。元気をもらえたり、逆に面倒だな~と思う関係があったり…。私は今、元気をもらっている関係があります。そのお相手は、わが富士見町教会の「青年会」の人たち(20代前後~30代の人たちのグループ)です♡。
 最近、彼らは確かに信仰の学びと親睦が深まっています。そのことに励まされています。「学びの会」では、信仰や人間関係の悩みを率直に語り合い、神様からの示しを聞いています。また先月は、教会に来ることが難しい友への働きかけとしてもまず、「名簿」を作ろう!と話し合われました。成長期にある悩み多い青年達が、不変である主の愛と真実に包まれていることを共有するよい時間を今、重ねられていることに、神様のお働きの偉大さを思わずにはいられません。
 
 イエス様のお言葉を思い出します。
「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」
(マタイ福音書18章20節)
 
 私は、自分の心の痛みと、周りの人々の心の痛みとを、等価とまではいかなくても、ある程度密接に連動させて考えられる大人になることを、神様は将来を担う青年会に期待しておられるのではないかと思います。これからも、個人の痛み・この世の痛みを、主の愛と真実との関係において一緒に考え語り合っていけたらいいなと思います。
 是非、あなたとも一緒に考え語り合っていきたいな。ご都合のよい時に、教会に来てみてね(^_-)-☆
 

「涼風に吹かれて」Amena

 

 (2016/7/14)