HOME | 説教 | 説教(2010年度) | すべての人と平和に

すべての人と平和に

説教要旨( 5月2日 朝礼拝 )
イザヤ書 第32編 15~20節
ローマの信徒への手紙 第12章 9~ 21節
倉橋康夫

 本日は、ロマ書の17、18節に注目します。先ず、<17 だれに対しても、悪に悪を返さず、すべての人の前で善を行うように心がけなさい>、と言います。<善>とは、 品の良さ・美しさを意味し、神のみ旨に一致していることです。神が良しとして下さる生活は、誰が見ても品位のある、美しい生き方になる筈だ、と言うのです。
 逆に、悪に対して悪をもって返すのは、醜い姿と言うべきです。そこでは、争いが起こります。或る人は、争いは人間に自然に備わっている性質だ、と言います。それは、自分が神であるかのように振る舞いたい、と思っているからだ、と言うのです。そのために、小さな争いから、大きな戦争までを惹き起こします。しかし、人間は神にはなり得ません。私たちキリスト者は、罪を告白し、悔い改め、神のように振る舞うのではなく、神に喜ばれるように生きることを目指す者とされました。
 パウロはここで、<すべての人の前で善を行うように心がけなさい>、と勧めています。神の良しとされる、美しく品位ある生き方を、<心がけなさい>、と言うのです。「心掛ける」とは、 前もって良く考えておく、ということです。それは、祈ることである、と指摘する人がいます。祈りが全てに先立つような生活、を身につけることです。自分なりの決意・決心も大切ですが、善を行うためには、神の助けを祈り求めることが、何にも増して重要なこと、と言えるでしょう。
 そして更に、<18 できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい。>、と言い換えます。つまり、<すべての人の前で善を行う>とは、言い換えるならば、<すべての人と平和に暮らす>ということだ、と言うのです。平和に暮らすためには、何よりも平和を願う気持ちが必要です。しかし、既に見たように、人間には、平和を願うより、ぶち壊してしまう傾向のあることを、パウロは知っております。そこで、パウロは、<できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい>、と勧めるのです。できれば(もし、できることなら)、せめてあなたがたは(あなたがたの方からは、あなたがたの側としては)、全ての人に対して、平和に生きるように、と言うのです。私たち人間の限界を思わされます。しかしあなた方は、キリスト者として、平和を保つことができる筈である、と指摘します。キリスト者には、揺るがない平和が与えられており、その平和に迎え入れられているからです。
 併せて読んだ、イザヤ書 第32章に、<16 ・・・・・ 正義が造り出すものは平和であり/正義が生み出すものは/とこしえに安らかな信頼である。>、とあります。ここで、神の正義によって齎される、全き平和・平安について告げられています。これは、究極的な意味において言われているのです。つまり、主イエス・キリストによる救いのみ業によって、信じる者に与えられる、平和・平安を指し示しているのです。そして、それは第一義的には、神との平和であり、神との和解です(ⅡCor. 5 : 18、19)。主キリストによって、私たちは、神との平和を得ております。
 そこで、パウロは、<すべての人と平和に暮らしなさい>、と勧めます。飽くまでも、「すべての人と平和に」を願っています。私たち人間の限界を十分に弁えつつも、なおその上で、「すべての人と平和に」、と。それは、私たちキリスト者は、神との和解を得ているからです。主キリストによって神と和解を与えられた者として、平和に暮らす、平安の内に生きることができるからです。この福音の故に、私たちは飽くまでも、できる範囲という限界がありながら、「すべての人と平和に」、を目指します。聖霊の神の支え導きを祈り求めつつ、福音を証しする歩みを続けて参りましょう。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか