HOME | 説教 | 説教(2010年度) | 生ける希望

生ける希望

説教要旨( 8月29日 朝礼拝 )
創世記 第9章8~16節
ペトロの手紙一 第1章3~12節
上田容功

 ペトロの手紙一第1章3~12節は、「わたしたちの主イエス・キリストの父である神が、ほめたたえられますように」との讃美で始まっています。御子において示される、父なる神の豊かな憐れみによって、新しく生まれたことへの感謝の言葉です。信仰者は、洗礼によって、「生き生きとした希望」の中へと新たに生まれました。この手紙の受取人は、洗礼を通し、新たに生まれた故に、周囲の人々から理解されず、故郷を失った、と感じていました。困難な中にあって、信仰に生かされる喜びを見失いつつある信仰者に、この手紙は慰めと励ましを与えます。
 希望は人を生かします。希望に生かされているからこそ、積極的な歩みを展開することができます。今、というこの瞬間に心を込めて生きることができます。希望に生かされていないとき、最後は無に帰してしまうのではないか、との虚しい思いが私たちを誘惑します。しかし、聖書は希望を語り続けます。この世での最後の言葉は、絶望ではなく希望であることを、死ではなく命であることを、この手紙は改めて思い起こさせます。絶望の中に希望が射し込んで来ることは、イエスを裏切ったペトロ自身が体験したことでしょう。イエスが十字架に架けられた時、ペトロは絶望のどん底まで落とされたと思うのです。そのようなペトロに復活の主が現われた時、希望が射しこんだのではないでしょうか。
 ペトロの手紙一が語る希望は、単なる希望ではありません。「生き生きとした」希望です。死んだ希望ではなく、生ける希望です。「生き生きとした」とは、希望の確かさを意味します。人間的な期待ではなく、イエス・キリストの復活という、神が示された救いの出来事に基づく希望です。イエス・キリストの死者の中からの復活によって明らかにされたことは、死がすべての終わりではない、と言うことです。キリストの復活によって、死が克服されました。御子イエスが、父なる神によって、死者の中から初穂としてよみがえらされたことによって、終りの日に、私たち自身も復活させられる、という希望が確かなものとなりました。絶望的な状況にあるとき、死をも克服したキリストの復活に根拠を持つ「生ける希望」こそが、生きる勇気を与えます。
 信仰生活を重ねていると、信仰に生かされることは苦難の連続であることに気付かされます。人々から誤解されることがあります。そのような中にあっても、「天に蓄えられている財産」を受け継ぐ者とされているという確かさに支えられ、苦しみを試練として与えられたと信じ、受けとめるのが信仰者です。金でさえも、火の中をくぐりぬけ、熔かされ、さらに純粋なものへと造り変えられるように、私たちの信仰も、試練によって鍛えられ、純度の高い信仰へと造り変えられます。人間的な欲望が、試練という火の中をくぐり抜けることによって取り除かれます。このようにして錬り上げられた信仰は、イエス・キリストが再び現れるとき、讃美と栄光と誉れに変わるであろう、と聖書は語ります。
 旧約聖書からお読みしましたノアの箱舟の物語において、罪に覆われている絶望的な状況の中で、神は、ノアと彼の家族を通して、世界を新しくされ、契約を結ばれます。信仰者は、キリストの十字架での死に与ることにより、古き自分に死に、その死の中から、神の約束に根拠を持つ「生き生きとした希望」の中へと新しく生まれました。苦難をくぐり抜けて栄光が輝き出します。死を通して命が与えられます。罪と死が支配しているように見えるこの世にあって、キリストの復活によって、死がすべての終わりではない、との確信が与えられています。「生ける希望」に生かされていることを証しする信仰生活を重ねて参りたいと思います。
 

説教一覧(2010年度)

2010.04.04
あの方は復活された
2010.04.11
近くにおられる神
2010.04.18
偽りのない愛
2010.04.25
祝福を祈る
2010.05.02
すべての人と平和に
2010.05.09
子や孫たちにも教えなさい
2010.05.16
復讐からの解放
2010.05.23
聖霊の証印を受けて
2010.05.30
寄留者
2010.06.06
良心に従って
2010.06.13
愛は律法を全うする
2010.06.20
神の子イエス
2010.06.27
今はどんな時か
2010.07.04
主キリストを身にまとう
2010.07.11
あなたは神に出会う
2010.07.18
あなたは何者か
2010.07.25
我らは主のもの
2010.08.01
愛に従って歩む
2010.08.08
神の国は義と平和と喜び
2010.08.15
主こそ神、ほかに神はいない
2010.08.22
神のみ前における確信
2010.08.29
生ける希望
2010.09.05
忍耐と慰め
2010.09.12
逃れて、生き延びる
2010.09.19
望みの源なる神
2010.09.26
神の福音のために
2010.10.03
我らの誇り
2010.10.10
親子
2010.10.17
主が結ぶ契約
2010.10.24
主キリストの祝福を携えて
2010.10.31
過越の小羊
2010.11.07
天の財産を受け継ぐ
2010.11.14
十戒
2010.11.21
自分自身を知る
2010.11.28
平和の源なる神
2010.12.05
主にあって よろしく
2010.12.12
大いなる栄光
2010.12.19
メシアはどこに
2010.12.26
教会から教会へ
2011.01.02
善にさとく、悪には疎く
2011.01.09
栄光が唯一の神に
2011.01.16
あなたの心に留め、語り聞かせる
2011.01.23
初めに言があった
2011.01.30
味わい、見よ、主の恵み深さを
2011.02.06
光の証人
2011.02.13
試みと誘惑
2011.02.20
神によって生まれる
2011.02.27
独り子なる神
2011.03.06
主の道をまっすぐにせよとの声
2011.03.13
神の宝―選ばれた者たち
2011.03.20
この方こそ神の子
2011.03.27
何を求めているのか