HOME | 説教 | 説教(2011年度) | 主イエスに力を与えられ

主イエスに力を与えられ

説教要旨(8月14日)
ネヘミヤ記 第3章1-2節
ヨハネによる福音書 第5章1-9節前半
倉橋康夫

 本日の聖書個所の最初には、大勢の病人が登場します。祭りのさ中、大勢の人々がエルサレムに集まって来ていました。祭りの雰囲気とは対照的な、病人たちの1群がいたのです。そこは、エルサレム市内の<羊の門の傍ら>の、<ヘブライ語で「ベトザタ」と呼ばれる池>の周りに設けられている<5つの回廊>です。
 ところで、<羊の門>は、併せて読んだネヘミヤ記 第3章に出ています。イスラエルの民がバビロン捕囚から帰還して行なったことは、第2神殿の建築、エルサレム城壁の再建、律法の確立でした。この一連の事業は、信仰共同体としての一体感を確認するものでした。ネヘミヤは、城壁再建の監督となり、最初に着手したのが「羊の門」だったのです。
 この<羊の門>の傍らに、<ベトザタ>と呼ばれる池がありました。そこは、病気を癒す神を祭る場所でした。その池の回廊に、<病気の人、目の見えない人、足の不自由な人、体の麻痺した人などが、大勢横たわっていた>のです。これらの病人たちは、池の不思議な力、しかも迷信的な力に頼ろうとしていたのです。池の水が動いた時に発揮するとされる、不思議な癒しの力を信じるしか仕方がなかったのです。
 主イエスは1人の病人に目を留められ、その人が<もう長い間病気であるのを知って、「良くなりたいか」>、と声を掛けられます。一見愚問とさえ思える、主イエスのこの問い掛けは、この病人の心の状態を見透かしたものでした。魂への呼び掛けです。この病人は、「そうです、治りたいのです!」、と素直に答えることのできない状態でした。この病人は、力なく訴えます。<「主よ、水が動くとき、わたしを池の中に入れてくれる人がいないのです。わたしが行くうちに、ほかの人が先に降りて行くのです。」>、と。最初は、希望を抱いてこの池にやって来たのに、今は、ただ身を横たえて、死を待っているだけでした。しかも、今の自分の不幸な状態を他人のせいにして。隣人への絶望、治ることへの絶望に身を委ねて。
 主イエスは、この病人のそのような問題性を見抜いた上で、突然命じられます。<「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい」>、と。そんなことができる位なら、何も苦労はしない、と反発するところです。しかし、主イエスの命令は、呼び掛けてあり、招きです。その人は、この主イエスのお言葉に励まされて、その命令に従います。そして、実際にできたと、聖書は伝えております。<9 すると、その人はすぐに良くなって、床を担いで歩きだした。>、と。
 ここには、主イエスが起こして下さった奇跡が語られています。表向きは、病気の癒しですが、内面的には、諦めと絶望から立ち上がることができた、ということです。主イエスの奇跡・力ある業の神髄は、この内面の変革にこそあるのです。主イエスのお言葉には裏付けがあります。それは、信じて従う者には、主イエスご自身が必要な力を与えて下さる、ということです。
 扨て、この人は命じられたように、<床を担いで歩きだした>のです。この<床>は、ただ死を待つしかないという絶望に身を任せて横たわっていた所、絶望へと向かわせた場所です。いわば、死にゆく存在としての根源的な苦悩を象徴する所です。それを、「罪」と表現することができます。
 主イエスは、<床を担いで歩きなさい>と言われます。主イエスが、最も重い十字架を担い、根源的な苦悩を引き受けて下さいました。その上で、私たちに、自分の十字架を負って、私に従え、と求められます。私たちは、尚苦悩の只中にあります。苦悩の現実・罪の現実を担わなければなりません。けれども、揺るぎない希望に支えられて、生きていけます。主イエス・キリストの死者の中からの復活の事実が、私たちに、確かな希望を約束しているからです。
 

説教一覧(2011年度)

2011.04.03
わたしに従いなさい
2011.04.10
隅の親石
2011.04.17
ぶどう酒になった水
2011.04.24
驚くべき主の御業
2011.05.01
新しき神の家
2011.05.08
神を畏れ、王を敬え
2011.05.15
水と霊とによって生まれる
2011.05.22
永遠の命と裁き
2011.05.29
はじまり
2011.06.05
あの方は栄え、わたしは衰える
2011.06.12
一同は聖霊に満たされ
2011.06.19
神をほめたたえる幸い
2011.06.26
永遠の命に至る水
2011.07.03
まことの礼拝
2011.07.10
その傷によって、あなたがたは癒された
2011.07.17
神の備え給う道
2011.07.24
み言葉を信じて
2011.07.31
あなたはわたしの愛する子
2011.08.07
命の恵みを共に受け継ぐ
2011.08.14
主イエスに力を与えられ
2011.08.21
試みを受けられた主
2011.08.28
神と等しい方
2011.09.04
今やその時
2011.09.11
祝福を受け継ぐ
2011.09.18
主イエスについての証し
2011.09.25
神からの誉れ
2011.10.02
命のパンのしるし
2011.10.09
父である神をたたえる
2011.10.16
わたしだ。恐れることはない。
2011.10.23
苦難と希望
2011.10.30
信じる
2011.11.06
天への凱旋
2011.11.13
キリストの勝利
2011.11.20
短い信仰告白
2011.11.27
朽ちない食物
2011.12.04
主イエスのもとへ
2011.12.11
かつてと今
2011.12.18
主イエスによって生きる
2011.12.25
飼い葉桶の乳飲み子
2012.01.01
去るか留まるか
2012.01.08
神の恵みの善い管理者
2012.01.15
時を支配し給う神
2012.01.22
わたしについて来なさい
2012.01.29
主の真実によって
2012.02.05
主キリストは神の御許から
2012.02.12
勝利を約束されている苦難
2012.02.19
主イエスの行かれる所
2012.02.26
生ける信仰
2012.03.04
主イエスへの態度決定