ホーム | 説教 | 説教(2020年度) | 縦の愛、横の愛

縦の愛、横の愛

説教要旨(8月2日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 12:3-13
牧師 藤盛勇紀

 「尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい」との箇所は、翻訳者によってかなり表現が異なります。口語訳は「進んで互に尊敬し合いなさい」としました。相手よりも「進んで」あなたが「先に」といのです。「お互い様」「あなたも私も」というバランスではなく、むしろ「相手よりも先に」「進んで」そのバランスを崩すのです。
 「兄弟愛」(フィラデルフィア)というビジョンは、確かに理想的な美しい状態です。そんな社会が実現されたらどれほど素晴らしいことでしょうか。しかしこの兄弟愛・互いの愛は、バランスの上には成り立ちません。「あなたが愛してくれたら、私も愛します」「向こうがこうしてくれたら私だって」というのは、計算による取引です。人はいつでもバランスを取って「帳尻を合わせたい」「自分だけ損をするのは嫌だ」と計算し、互いの兄弟愛を困難にしています。
 9節から10節に「愛」という言葉が3つ出てきますが、原文では3つとも違う言葉。9節の「愛」は「アガペー」です。聖書では基本的に人間同士の愛には用いられません。アガペーは何より《神の愛》。あのキリストの十字架において現された、報いを求めない無償の愛、一方的な犠牲愛、与えるだけの、恵みの愛です。
 それに対して人間の愛は、「あなたが愛してくれたら、私も」「あの人がこうであれば、愛する」という「たられば」の愛。「私が愛しているんだから、あなたも愛して」という取り引き関係。しかし神の愛は、取引ではなく、計算がない、報いを期待せず、ただ与えるだけです。その愛によって、イエス様は十字架でご自身の肉を裂き、血を流し、命を注ぎ出してしまわれたのです。
 パウロはまず、神の愛を念頭に置いて語っています。その上で、「偽りのない愛」を人にも求めるのです。神の愛が人間同士の間で受け取られて人間的なものと関わると、どうしても「偽り」が入り込みます。「愛」とは言っても一枚めくれば計算ずくの取り引き。だとすると「相互の愛・兄弟愛」など、ただの理想に過ぎず、神の愛と兄弟愛は果たして結びつかないのでしょうか?
 神の愛が、上から一方的に注がれる「垂直・縦の愛」だとすれば、兄弟愛は人間相互の「水平・横の愛」です。この「縦と横」を結ぶ一点こそ、キリストの十字架です。だから「偽りなき愛」を知ろうとするなら、いきなり人間の内に探しても無理です。偽りのない愛は、まずイエス・キリストの十字架に現されました。人間の側には何の準備も無く、何の理解もなく、むしろ神に敵対していたのに、神が一方的に与えてしまった愛です。だから、この愛の出来事を伝える「十字架の言葉」は「愚か」だとパウロは言ったのです。反逆し刃向かって来る者を愛し祝福する。それは人間の間では愚かしいことであり危ういことです。
 しかし、その愛に触れられた者にとっては、その「愚か」こそ、神の知恵であり力なのだと分かるのです。愚かな十字架がまさに福音です。「世界中どこでも、福音が宣べ伝えられる所では、この人のしたことも記念として語り伝えられるだろう」とイエス様が言ったあの「ナルドの香油」のエピソードが、思い起こされなければなりません(マタイ26章、マルコ14章、ヨハネ12章)。高価なナルドの香油をイエスの頭に注ぎ出してしまったあの女は、なぜか悟ったのです。イエス様は死に行こうとしている、それは私の罪のため、その赦しのためだと。私のために惜しみなく注がれる主の命、犠牲の愛を知った。だから彼女も、誰かから言われたわけでも要求されたのでもなく、計算によってでなく、ただ自ら、自分の持っていた最高のものを惜しみなく注ぎ出したのです。
 主の愛に触れられたなら、私たちの内に、主に対する愛が引き起こさます。そこに初めて「互いの愛」が現れ出てくるのです。