ホーム | 説教 | 説教(2020年度) | 神の富と知恵も深さ

神の富と知恵も深さ

説教要旨(7月5日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 11:33-36
牧師 藤盛勇紀

 礼拝は、神の招きの言葉(招詞)を聞くことに始まり、祝福の内に私たちはこの世へと派遣されて行きます。そして、1週間の旅を終えて、主の日の礼拝へと帰って来ます。私たちを生きる者としてくださった方のもとに、帰るべきところに、帰って来るのです。礼拝は「祝福」で終わりますが、私たち人間の側の行為として最後のものは、祝福の前の「頌栄」です。父・子・聖霊なる唯一の神を、ただほめたたえるのです。
 この11章最後の言葉もまさに頌栄です。「すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです。栄光が神に永遠にありますように、アーメン。」神の御言葉によって招かれ、神の愛と憐れみの内に罪を赦され、神の豊かさに与り、信仰を養われ、改めて祝福で満たされていることを知って、自らをお献げします。そして、この神の豊かさ、深さ、大きさのなかで、ただ神をほめたたえるのです。
 この「頌栄」に至って、私たちはただ神を見ているので、他の一切のもは背後に退いて行きます。礼拝に来るまで、あるいは礼拝の最中でさえ、私たちの魂には様々な思いがうごめいています。不安や心配事や楽しみ事や人の事、自分の事や願い事。しかし、頌栄を歌うとき、もはや自分の願いさえ退きます。「なんでこんな事に悩んでいたんだろう」と、不思議と自分にこだわることも終わっています。それで、頌栄は人間の最高で最後の行為だとも言われます。
 パウロもそういう思いに至っています。9章からずっと壮大なテーマについて語ってきて、この11章で終わるわけですが、高い頂から壮大なパノラマを見て、息が詰まるような感動で溜息を漏らすように言うのです。「ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか。だれが、神の定めを究め尽くし、神の道を理解し尽くせよう」。
 この最初の言葉は感嘆の声です。圧倒的な大自然を目の前にした時も「おお」と思わず声が漏れます。まして、万物を造り存在させたお方を目の前に仰いだら、どうでしょう。ちっぽけな自分の悩みや不安や思い煩いなど、一切が背後に退いて行きます。
 「ああ、神の富と知恵と知識のなんと深いことか」。この深さは、山頂から地上を見渡すような深さ、澄み切った青空を高く見上げた時の思いのような、吸い込まれるような広さ深さです。ただ感嘆するばかりですが、私たちはこの「神の知恵と知識」が分からないわけではありません。むしろ、「神の知恵と知識の深さ」に自ら触れ、知って、見て、味わうから、感動するのです。
 「知恵と知識の宝はすべて、キリストにあります」(コロサイ2:3)。キリストの内に、神の富と知恵と知識の深さがあり、私たちを豊かにする「宝」がります。だからキリストには全てがあり、キリストは全てを豊かにたたえて満たすお方です。私たちはこの方に結ばれ、この方のものとされて、自分にがんじがらめになる愚かな縄目から解放されるのです。
 パウロは、「いったいだれが主の心を知っていたであろうか。だれが主の相談相手であっただろうか」と言います。人間は歴史に翻弄され、様々な出来事に悩まされ、将来も見通すことはできません。しかしその混乱を貫くように、いや、人間の失敗や戸惑いや混乱さえ用いて、神は導いておられます。信仰はそれを見る、見えない現実を見ます。だから真に希望を抱くのです。
 私たちはキリストに結ばれて、神の知恵と知識の深さと宝にあずかりました。25節で言われたあの「秘められた計画」すなわち「奥義」です。誰にでも開かれ与えられたこの奥義は、神による広い世界です。この奥義から見える新しい真理、命、道。そこに立つ者は、「すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです」とほめたたえることから、新しい生活を開始するのです。