ホーム | 説教 | 説教(2020年度) | 初めであり終わりである方

初めであり終わりである方

説教要旨(4月5日 朝礼拝より)
ローマの信徒への手紙 10:1-4
牧師 藤盛勇紀

 「兄弟たち、わたしは彼らが救われることを心から願い、彼らのために神に祈っています」。《彼ら》とはパウロの同胞のユダヤ人。パウロは、「わたしは彼らが熱心に神に仕えていることを証しします」と言います。神の律法と救いを追求するユダヤ人の熱心さは、現代でもよく知られています。
 ところが、その熱心さがなぜか悲哀を感じさせます。直前の9章で語られているように、《真の神も救いも求めなかった異邦人に救いが与えられた》のに、なぜか《熱心に神の義・救いを追求するユダヤ人は、それが得られないまま突っ走っている》。この何とも言いがたいコントラストが悲惨さ、悲哀を感じさせるのです。
 なぜこんなことになってしまうのか、パウロはこう言いました、「イスラエルは、信仰によってではなく、行いによって達せられるかのように、考えたからです」。そして今日の箇所で、「行いによって達せられる」と思い込むイスラエルの熱心さについて、こう言います。「この熱心さは、正しい認識に基づくものではありません」。
 熱心さだけ見るならば、パウロ自身がまさにそうであったように、非の打ち所がない生き方にも現れる、徹底したものです。しかしそこには、決定的なことが欠けているのです。それは「正しい認識」だと。これは、知識の量や正確さのようなことではありません。言わば、知るべき事を知って、生きている(的を射ている)ことです。
 ユダヤ人が認識しはぐったものは何か。それは「キリストは律法の目標」だという事実です。「目標(テロス)」は、「終わり・目的」という意味でもあります。彼らは熱心に、追求して突っ走る。なのに、結局、何なのか、何のためなのか、走って行って、どこへ、何に行き着くのか。それを知らないままだというのです。そうした「的を射た認識」を持たないままひたすら熱心に、真剣に、自分で救いや目標を定めて、それに向かって走ってしまっていることです。それで、「自分の義を求めようとして」と言われるわけです。
 「目標」は「終わり」であり「目的」です。本当の「目的」は同時に「原点」でもあり「始まり」でもあります。「私たちは、どこから来たのか、何によって生まれ、何に立ち、何に向かって生き、結局、何なのか」、それは、全てつながっている一つのことです。私たちの命、生きることすべてに関わり、すべてにおいて根拠となるもの。だから生きる意味でもあるのです。
 ヨハネの黙示録に、キリストは「アルファでありオメガ」「初めであり、終わりである」という言葉が何度か出てきます。ユダヤ人の熱心は、「初めであり、終わりである」「テロス」としてのキリストを知らない。そこに真の悲惨があります。
 日本人も、勤勉だとか、誠実だとか、真面目だとか、そうしたことを重んじます。しかし、それによっては、何のために生きているのかは分かりません。肝心なことが決定的に欠けているのです。「テロス」が無いのです。この「的外れ」を、聖書で「罪」と言うのです。
 キリストは「初めであり、終わりである」。キリストが私たちの「目的」であり「原点」でもあるお方です。ここから世界を見、人間を見、自分をも見るのです。世界史をBC(Before Christ)とAD(Anno Domini主と共に)と表記します。キリストという原点から歴史の意味を知ろうとするのです。それは人間観・人生観にもなります。私たちの人生にとってキリストが原点。神の言であり命であり愛であり、神ご自身であるキリストによって、私たちの命は始まり、意味を与えられ、支えられ、死においても保たれ、完成され、満たされます。
 パウロが言う「深い認識」とは、そうした新しい命の源泉、全ての原点であり目標であり羅針盤であるキリストなのです。