HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 誰の言葉を聞くのか

誰の言葉を聞くのか

説教要旨(4月3日朝礼拝より)
ルカによる福音書 16:19-31
牧師 藤盛勇紀

 イエス様が死後のことを語られた珍しい箇所だと言う人もいます。しかしこれはたとえ話です。「ある金持ち」と「貧しい人」ラザロ。この二人が死んだ後の話ですが、いわゆる「天国と地獄」「死後の世界」の話ではありません。
 金持ちは陰府に行って炎の中で苦しんでいます。上を見てみると、あのラザロがアブラハムのそばにいる。金持ちはアブラハムに懇願します。「父アブラハムよ、ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください」。しかし、それがかなわぬ願いだと分かります。
 この話はここからが本題です。金持ちは、今この世で生きている兄弟たちのことを心配するのです。「父よ、ではお願いです。わたしの父親の家にラザロを遣わしてください。わたしには兄弟が五人います。あの者たちまで、こんな苦しい場所に来ることのないように、よく言い聞かせてください」。
 情けを知らぬ金持ちも、さすがに兄弟たちのことは心配なのです。死んだラザロが生き返って、兄弟たちに忠告をしてくれたら、さすがにあの連中も驚いて悔い改めるだろう、というわけです。
 しかしアブラハムは、「お前の兄弟たちには、モーセと預言者がいる。彼らに耳を傾けるがよい」と言います。「モーセと預言者」とは聖書です。生きているお前の兄弟たちは聖書に聞けるではないかと。それに対して金持ちは「いいえ、父アブラハムよ」と言います。兄弟たちは聖書ではダメなのです。神の言葉に耳を傾けて悔い改めることなどしません。だから、ラザロを生き返らせて、兄弟たちの所に送って、驚かせてやってください、と。
 話がここまで来ますと、今生きている者がいったい何に耳を傾け、誰の言葉に聞いて生きるべきか、という話だと分かります。死後の世界の話ではなく、いま生きているあなたは、何を聞いて生きているのか、何によって生きているのか、です。
 死んだ人が現れたくらいで、神の言葉を聞いて信じることなどあり得ません。「たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう」。その通りです。奇跡を見たくらいの不思議体験によっては信仰は起こらない。神の言葉を聞くところに起こるのです。復活された主も、弟子たちに何度も御自分を現されましたが、聖書に書いていることを繰り返し教えて、御言葉を聞かせたのです。
 私たちも、生きておられる主から教えていただくのでなければ、御言葉が分かりませんし、死のことも命のことも分からないでしょう。命の主なる神に聞かなければ、自分のことも分からるはずがなく、どう生きればよいのかも分かるわけがありません。
 しかし、神の御言葉に聞いて分かってくることは何でしょうか。このたとえ話であえて名前を付けられたラザロは、「エリエゼル」の略で、「神が助けてくださる」という意味です。神の恵みによって、神の憐れみによって生きる。問題はそれなのです。聖書に耳を傾け、神の御言葉によって生きようとする時、そこで私たちは、神によって生き生かされていることを知るのです。
 そうしますと、「死んだらどうなるか」などは問題になりません。死においても生においても主がおられる。これこそ事実であり現実だからです。
 私たちは「死も命も支配される主のもの」、これこそが確かなことです。なぜなら御言葉がそう語っているからです。「肉なる者は皆、草に等しい。…草は枯れ、花はしぼむが、わたしたちの神の言葉はとこしえに立つ」。神の御言葉こそが、私たちのリアリティーです。
 この恵みの事実を信じて、感謝して生きることが許されています。聖書に耳を傾け、神の言葉に聞いて生きるとは、そのような恵みを知って生きることなのです。
 
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光