HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 宿命を超える主の愛

宿命を超える主の愛

説教要旨(12月11日 朝礼拝より)
ルカによる福音書 22:14-34
牧師 藤盛勇紀

 一般に、「最後の晩餐」と呼ばれている「過越の食事」の場面から始まります。この時イエス様は、ご自分の血によって新しい契約を立てると予告なさいましたが、弟子の中に裏切り者がいることも告げられました。当然ながら弟子たちは動揺し、議論を始めます。ところが、弟子たちの議論はいつのまにか論点がずれてきます。「自分たちのうちで誰がいちばん偉いのか」という、何とも子供っぽい議論となったというのです。あまりにも情けなく思われます。
 しかし、これは私たちの姿です。「誰が偉い」などと議論はしませんが、自分が重んじられないと、心の中で「え、なんで」と思います。「あの人はこう扱われるのに、なんで私は放って置かれるのか」「先に私に話が来るのが筋でしょう」と。謙遜なふうを装ってはいても、自分より他人が重んじられることが許せないのです。私たちは、この妬み、そねみ、うらやみでがんじがらめです。それほどに私たちの関心はまさに「私」。これがイエス様を十字架につけたとも言えます。
 こうした人間の罪がいかにしぶとく、醜いものか。それが光に照らされるように、隠れようもなく暴露される時が来ます。だからイエス様はペトロに名指しで宣言されるのです。「シモン、シモン、サタンはあなたがたを、小麦のようにふるいにかけてることを神に願って聞き入れられた」。
 ペトロは驚いたでしょう。ペトロには自信がありました。ガリラヤの漁師として鍛え上げられた精神力で、堂々と啖呵を切ります。「主よ、御一緒になら、牢に入っても死んでもよいと覚悟しております」。
 しかし、イエス様は知っておられます。自信満々に啖呵を切ったペトロが、その舌の根も乾かないうちに、どんな汚い口で主を裏切るか。
 しかし、このどうしようもない罪人をこそ招くために、主は世に来られ、十字架の死への道を歩まれるのです。全てをご存じのイエス様は、ペトロに言われます。「しかし、わたしはあなたのために、信仰が無くならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい」。
 主は、ペトロがふるいにかけられ失格者となって挫折することをご存じです。そして、彼が「立ち直る」ことも知っておられます。しかしそれは、単なる宿命ではありません。私たち人間からすれば、神の定めは、自分ではどうにもならない逃れられない運命、宿命だとも言えます。ペトロが主イエスを裏切ることも、言わば宿命です。
 しかし、その宿命の中に「主ご自身の祈り」があります。神ご自身が、宿命と言いたい出来事の中に入ってしまわれるのです。ペトロの運命の中に、そして私たちの運命の中に、神ご自身が身をもって乗り込んで来てしまう。そして、私たちを身をもって担ってしまわれる。そのようにして、私たちの運命、宿命の中に神が乗り込んで、私たちの運命を神ご自身のものとして経験してくださるのです。だから、人となってお生まれになったイエスは、「インマヌエル」とも呼ばれます。その意味は、「神は我々と共におられる」です。。
 ペトロも他の弟子たちも、まさか自分が主を裏切ることになろうなどと、夢にも思っていません。私たちの人生にも、思いもしなかった運命を思い知らされるような経験があります。「まさかこの私が」と思っても、その「まさか」を避けられないのです。人はそれを「宿命だ」「運命だった」と言って、あきらめを付けようとします。しかし、私の生きる運命には、私の主なる神が乗り込んでおられるのであれば、運命というものが、全く違った意味を帯びてきます。主と共に歩む道、主と共に、神が備えてくださった道を見出す喜び、楽しみの道となります。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光