HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 神の国は来ている

神の国は来ている

説教要旨(5月1日朝礼拝より)
ルカによる福音書 17:20-21
牧師 藤盛勇紀

 ファリサイ派の人々が尋ねました、「神の国はいつ来るのか」。キリスト者も「御国を来たらせたまえ」と祈りつつ、神の国の全き到来を信じています。ところが、世の悪の現実を見せつけられたり、悲惨な出来事に遭遇したりすると、すぐにぐらついて、「神が生きておられるなら、どうしてこんなことが起きるのか」と思ってしまう。
 「神の国はいつ来るのか」と問うのは「神の国はまだ来ていない」と見ているからです。思いとしては、じれているのです。「熱心に御言葉を学び、祈ってもいるのに、いつになったら神は答えてくれるのか」と。
 しかしイエス様は、「神の国は近づいた」事実を宣べ伝えました。「神の国が来たらいいね」ではありませんし、「神の国は、見える形では来ない」のです。ファリサイ派の人々は、地震を予知しようとする学者のように、神の御言葉に真剣に心を注ぎました。しかし神の国は、人間の知性や感覚のアンテナにはひっかからないのです。
 イエス様はハッキリ言われました、「神の国はあなたがたの間にある」。主はこうおっしゃるのでしょう。「神の国はあなたがたの間に来ている。そのために、この私が来ている。なのにあなたがたは見ようとしない。自分の知恵や経験や判断にこだわって、神のご支配を見ない。実に神の国はあなたがたの間にあるのに」。
 ファリサイ派の人々は、実は主イエスを見損なったのです。このお方が彼らにとって何の意味もないどころか、神の国の実現にとって、邪魔な者と思われたのです。何という転倒でしょうか。しかしこれは、私たち自身のひっくり返った姿です。
 主イエスにおいて神の恵みが、神の全き愛が、私たちに到来ています。ただ来ているだけでなく、神の救いのご計画が私たちを貫いています。イエスは私たちを罪の縄目から解き放って神のものとし、滅びへの定めから神の命へと移すために十字架について罪を贖い、復活して死を打ち破られました。これはすでに成し遂げられ、さらに、私たちを御自分と同じ姿に造りかえてくださるのです。
 この救いの御計画はすでにスタートしています。ゴールも決まっています。だから私たちは、今自分の目が見ている現実に一喜一憂する必要もないのです。肉の目で見るなら、「どこに神の恵みのご支配があるのか」と問わざるを得なくなります。それは、御言葉に信頼せずに、常に自分の知性や感覚を頼りに生きているからです。
 だから問題は、私たち自身つまり「自分」なのです。イエス様は、「自分の命を救いたいと思う者は、自分を捨てよ」と言われたではないですか。私たちがどうであろうと、神の国は私たちの間に来ているのです。主イエスが来られた以上、神の国すなわち神の恵みのご支配は始まっているのです。「神の国はあなたがたの間にある」と、主はファリサイ派の人々に向かって言われました。でも、彼らは気づきません。ファリサイ派だけでなく、主の弟子たちも含めて誰一人として気づきませんでした。けれども、彼らが気づくか否かにかかわらず、神の国は来ていました。主イエスが来ておられるからです。
 このお方がおられるなら、「神の国はいつ来るのか」と問う必要もありません。主が私たちを導いておられるからです。私たちたちは、神の国の一員として生き始めればよいのです。主が用いてくださるのだから、小さなことでよいのです。目に映る小さな出来事に、かりかりしたり、縮こまったり、そんな自分の感情に一々振り回されるのをやめようと、まず御言葉に信頼しようと、そう決めるだけでも、私たちは神の恵みの証しとなります。たとえば、小さな挨拶一つでもよいのです。そこから変わります。神の国、恵みのご支配は、すでに私たちの間に始まっているからです。

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光