HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 終末からこの世を見る

終末からこの世を見る

説教要旨(7月31日朝礼拝より)
マルコによる福音書 13:14-37
伝道師 上田真由美

 ここには、この世の終わりのことが記されています。その時のことを、思想家や超能力者なども様々に予言していますが、その予言に比べて、全く違う予言が聖書の中にあります。それは、終わりの日には「偽キリスト」が現れる、ということです。「ここに救い主キリストがいるよ。あそこにキリストがいるよ」という声が、救われている私たちに聞こえて来る。その声は誰かが告げて来るだけじゃなくて、もし私たちがキリストによる救いを信じ抜くことができず疑心暗鬼でいると、自分で「偽キリスト」を造ってしまって、こっちがキリスト?いや、あっち?と思い惑い、自分に与えられた救いを無にしてしまうのではないか、と言うのです。
 その次に、「偽キリスト」が現れて来るその中に、「人の子(=救い主キリスト)が雲に乗って来る」とあります。欲望、人と人との憎しみ合い、戦争、飢餓、それらによる破滅はまだこの世の終わりではないんだ。神様を無視し続けているこの世は、この世の主である神様が本当の救い主を送られて終わる。つまり、この世を終わらせる力は、人にあるのではなくて神様にある、と言うのです。そうすると、神様は、人を滅ぼすためにこの世を終わらせられるのではなくて、人を救うというご自身のご計画を成就されるためにこの世を終わらせられる、ということではないでしょうか。
人の子が来られた時、「人の子は天使たちを遣わし、地の果てから天の果てまで、彼によって選ばれた人たちを四方から呼び集める」。こうして神の御心が成就します。この地上においては、欠けある私たち人間が完全に一つになるということはない。けれども、その中にあって、神の御心は着々と行われていて、やがて神のご計画が成就する日が来ると言うのです。そうであるならば、私たちの人生は、自己満足というような小さな欲のためにあるのではなくて、もっと大きな神の御心が行なわれるためにあるのではないかと思うのです。
 その後でイエス様は、「天地は滅びるが、わたしの言葉(=神の言葉)は決して滅びない」と言われながら、「このことはいつ来るか、わたしも知らない。ただ天の父、神だけが知っておられる」と言われました。そうであるならば、このことを受け入れる唯一つの道は<信仰>です。キリストというお方に信頼することによってのみ、私たちは、この主の御言葉を自分のものとすることができます。
「天地が滅びる」ということは、実は「新しい天と地が与えられる」ということです。なぜならば、「神の言葉は決して滅びない」と言われるからです。「神の言葉」っていったい何でしょうか。それは、ただ神様がお語りになった言葉というのではなくて、私たちに対するお約束ということです。ですから、「天地は滅びる」けど、神の救いのご計画は消えてゆかないのです。「キリストによって、あなたを救うよ」という神のお約束は、とこしえに変わることがないのです。つまり、私たちが終わりの日を迎えるにあたっての、唯一つの望みはここにある。このことがあるから、終わりの日は、悲しみの日でも滅びの日でもなくて、喜びの日であり望みの日です。そういう日だから、私たちの人生もただ滅んで行くのではなくて、祝福のうちに終わる、そう信じることができるのではないでしょうか。
神様が私たちを救い、祝福のうちに入れられるというお約束は変わることがない。従って、この世の終わりのことを考えることは、私たちを不安や絶望に追いやるのではなく、私たちを慰めてくれる力を持っているのです。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光