HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 消えてゆく

消えてゆく

説教要旨(4月10日朝礼拝より)
ルカによる福音書 12:13-21
伝道師 山下瑞音

 本日の聖書箇所は、私たちと財産との関係について語られています。出来事の始まりは、ある男の遺産相続の仲裁をして欲しいという願いでした。これに対し、主イエスはこう仰っています。「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」 この御言葉は、今回の聖書箇所でまず注意すべきところです。なぜ、主イエスは自分は裁判官や調停人ではないと仰ったのでしょうか。そのことを知るために、私たちはこの後に続くたとえ話で、何が語られているのかをよく知る必要があるでしょう。
 このたとえ話で語られている金持ちは、二つの間違いを犯していました。金持ちの最初の間違いは、自分の死についての間違いです。彼は、自分の人生の終わりはずっと先のことだと思っていました。しかし実際は、この金持ちの寿命は今夜かぎりのものでした。彼の喜びも、その前の心配も、すべては無意味なものだったのです。金持ちの二つ目の間違い、それは財産との向き合い方の間違いです。彼は財産があれば、幸せな生活が送れると思っていました。しかし、彼が手に入れた財産と彼の幸せとは、無関係だったのです。ここで主イエスは、財産を求めることは悪いことだと仰っているのではありません。有り余るほど物を持っていても、なお欲しがる心に注意しなさい、と仰っているのです。
 私たちには、生きるのに必要な財産をもっていても、もっと欲しい、もっと必要だと思ってしまうところがあります。しかし財産が私たちの人生で一番大切なものでしょうか。それは、神の国を求めるということです。神の国を求めるということ、つまり神のご支配を求めるということこそが、私たちの人生で一番大切なものに他なりません。私たちは日々、必死になって働きます。それは私たちの人生に、財産が必要だからです。しかし、一番大切なものは財産ではありません。私たちが財産を手に入れるとき、そこには神さまのわざは働いていることを忘れてはなりません。神さまは私たちの必要に応えて、財産だけではなく、愛も命もそして魂の救いさえも与えてくださるのです。
 愚かな金持ちは、このことを理解していませんでした。財産こそが、自分に幸せを運んできてくれると思っていたからです。しかし実際は、幸せは神さまが与えてくださるものであるということ、神様によって、今日まで生かされていたのだということを知りませんでした。遺産の口添えを頼んだ男も同じです。彼にとって、人生で一番大切なことは、遺産をしっかり手にすることが出来るか、ということだったのです。ですから、主イエスは「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」 と仰ったのです。遺産を受継げるかどうかよりも、もっと大切なものがあるということを、主イエスはここでこの男に教えてくださっています。そして同時に私たちにも、人生には財産よりも大切なものがあるということを教えてくださいます。本当の幸せとは、私たちが買うものではなく、神さまによって与えられるものだからなのです。
 私たちの人生に、財産は必要です。財産がなければ、私たちは消えてゆく以外にはありません。ですから私たちは、お金が欲しいという願望を消すことは出来ません。しかし私たちが人生で一番大切なことは、神さまがご支配なさることだということに、気付くことが出来るならば、私たちの不安や不幸は消えてゆきます。なぜなら、私たちは自由になることが出来るからです。そしてこれこそが、神の前に豊かになるということなのです。
  

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光