HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 立ち上がって、行きなさい

立ち上がって、行きなさい

説教要旨(4月24日朝礼拝より)
ルカによる福音書 17:11-19
牧師 藤盛勇紀

 イエス様の一行が、サマリアとガリラヤの間のある村に来られたとき、「重い皮膚病を患っている十人の人が出迎えた」。「重い皮膚病」はかつては「らい病」と訳されていました。今で言う「ハンセン病」です。古代だけでなくつい最近に至るまで、想像を超える苦痛を与えた病気です。彼らは「イエスさま、わたしたちを憐れんでください」と叫びました。この人々をイエス様は見て言われました。「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」。律法に規定されている社会復帰の手続きです。彼らは、主のただ一言のお言葉に従いました。すると、「そこへ行く途中で清くされた」。
 その中の一人がイエス様のところに戻って来ました。この人は、当時ユダヤ人から軽蔑されていた「サマリア人」でした。今、大喜びで神を賛美しながら戻って来たのです。十人とも癒やされたのですが、主のもとに戻って来たのは、この一人だけです。
 こんな話を聞くと、私たちは早合点しがちです。「戻って来た人は義理堅く、サマリア人とはいえ信仰深い人だ。しかし他の九人のユダヤ人はいったいなんだ。自分の病気が治ればそれでよいのか、自分勝手で恩知らずな人たちだ」と。
 しかし、それは違います。彼らはキッチリと主のお言葉に従っているのです。主は「祭司たちのところに行って、体を見せなさい」と言われました。つまり、律法に従って清めの手続きをせよと。この一言を、彼らは信じたのです。だから、まだ癒やされていないのに、すでに癒やされた者として祭司のところに向かったのです。彼らの信仰は見上げたのものです。主イエスが、「祈り求めるものはすべて既に得られたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになる」と言われた通りの信仰です。
 では、一人のサマリア人と他の九人とは何が違ったのでしょうか。ひと言で言うなら「イエスを知った」ことです。九人もたしかに立派な信仰者です。そして、聖書の規定に従ってキッチリと行う信仰的な優等生です。しかし、このサマリア人はただの優等生ではなかった。九人と同じ固い信仰はあるけれども、彼にとっては、神の恵みと御力が、いや神ご自身が、このイエスにある。それが彼にとっては何よりリアルだったのです。このお方から新たに生きるしかない。このイエスこそ、本当に神が生きて私を憐れみ、恵みの御力を現してくださる。だから、律法の規定すなわち神の言葉を本当に満たすのはこのお方だ。私を「清い者(=神のもの)」と認めてくださるのはこのお方だと。神の言葉は、このイエスのことなのだと分かったのでしょう。
 だから、彼は主イエスの「足もとにひれ伏して感謝」するのです。彼はこのイエスに神御自身を見ています。このイエスに神の国が来ている、その事実、その現実を、信仰によって、まさに見ているのです。
 イエス様は彼に言われました、「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰があなたを救った」。彼は何を得たのでしょうか。病気は癒されました。しかし、癒していただいたのは十人全員です。ただ、イエス様のもとに戻って来たこの人だけが、「あなたの信仰があなたを救った」と言っていただいたのです。「救い」は病気の癒やしや健康よりも大きいのです。健康な体をもって神にから離れることもふつうでしょう。
 信仰はたしかに病気をも癒やしますが、さらにその先があります。このサマリア人の信仰は「癒しの主」を見たのです。自分が立ち帰るべき神ご自身を発見したのです。戻って行くべき所が、神の愛と憐れみと豊かさに満ちた場所であるなら、そこは「どこか」ではなく「誰か」が問題です。誰に帰るのか。サマリア人は、そのお方イエスを得たのです。このお方が、言われるのです。「立ち上がって、行きなさい。あなたの信仰が、あなたを救った」。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光