HOME | 説教 | 説教(2016年度) | 主の言葉は滅びず

主の言葉は滅びず

説教要旨(11月6日 朝礼拝より)
ルカによる福音書 21:29-38
牧師 藤盛勇紀

 イエス様は「終末の徴」を語られ、一方、繰り返し慰め深い言葉も語ってこられました。イエス様の御言葉は、恐ろしさから励ましへ、そして悲惨から希望へと振れて、私たちは揺さぶられているような思いになるかもしれません。実際、私たちの生きる世界は揺れ動いています。
 「それから」、イエス様はひと言木の葉たとえを語り、「それと同じように、これらのことが起こるのを見たら、神の国が近づいていると悟りなさい」と言われました。これまで語られたことを見たら、「もうお終いだ」と慌てふためくのでなく、神の国が近づいていることを悟れ、と。
 「葉が出始めると、既に夏の近づいたことがおのずと分かる」。それは「終わりの時」もそうだというのです。だから、ピリピリしたり、そわそわしたり、慌てる必要はない。「すべてのことが起こるまでは、この時代は決して滅びない」。だから「もうお終い」だと、自分で決めつけるなと。
 主はこう勧めます、「放縦や深酒や生活の煩いで、心が鈍くならないように注意しなさい」。「心が鈍くならないように」「いつも目を覚まして祈りなさい」。それはなぜかというと、「人の子の前に立つことができるように」だと言うのです。
 私たちは、最後に主の前に立つ者です。どんな人生でも、どんな道を辿ったとしても、私たちは例外なく皆主の前に立ちます。主のお勧めの意味もそこから理解されます。「放縦や深酒や生活の煩い」というものは、現代で言えば、しばしば世を騒がせる、薬物などに走ってしまう人々の現実と重なります。普通の人は、なぜそんなものに手を出したりするのかと思います。「生活の煩い」、人知れぬ生活上の苦悩ということもあるかも知れませんが、自分の人生を見切って、高をくくっているのです。まじめな人でも思うのです、「自分はまじめに真剣に生きてきたのに、この世の空しさはいったいなんだ」と。やはり自分で世を裁き、人を裁いています。自分が主に造られ生かされている者、最後に主と共に立つ者であることなど、つゆ知らぬ人生。まさに「心が鈍く」なっている。
 では、「この時代は決して滅びない」と、なぜ言えるのでしょうか。むしろ、結局人類の歴史は滅びへと向かっていて、現代はもう、崖っぷちではないか。しかし、「この時代は決して滅びない」。それは、ただ主の御言葉のゆえです。それ以外に理由はありません。「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」。主の言葉によって万物は成りました。終わりも主がお決めになります。主の言葉だけが確かなのです。
 私たちは、このお方の御言葉ゆえに、「信じて(=信頼して)」生きます。主は生きておられるので、主の御言葉は滅びません。私たちはこのお方を礼拝し、このお方の御言葉に聞いています。この方が、どんな人生をも無意味にせず、導き、慰め、戒め、力を与え、終わりの日まで共にいてくださり、最後の裁きの時、全てが明らかにされる時も、共に立ってくださいます。
 私たちには、あきらめても仕方ない人生や世界、無くてよい人生、そんなものはありません。私たちが決めてはならないのです。私たちは主ではないからです。
 だから、自分の人生についても、他人の人生についても、勝手に決めませんし、独り決めできません。主がおられ、主の御言葉がある限り、主ご自身が立たせてくださるからです。
 パウロはこう言いました、「わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます」。このお方に結ばれて、死ぬ者は生きる。死においてさえ、私たちを立たせるのは、主の御言葉なのです。「わたしの言葉は、決して滅びない」と言われるこの方の御言葉に、ただ信頼してよいのです。
 

説教一覧(2016年度)

2016.4.3
誰の言葉を聞くのか
2016.4.10
消えていく
2016.4.17
信じて、願え
2016.4.24
立ち上がって、行きなさい
2016.5.1
神の国は来ている
2016.5.8
遣わされて生きる
2016.5.15
神の子とする霊
2016.5.22
主が来られる時
2016.5.29
謙遜をかさねて
2016.6.5
ほうっておけない神
2016.6.12
主よ、あなたしかいません
2016.6.19
ただ、いただくだけです
2016.7.3
主イエスの行く道
2016.7.10
あなたの信仰があなたを救った
2016.7.17
救いは訪れる
2016.7.24
小事を生かせ
2016.7.31
終末からこの世を見る
2016.8.7
主の御用のために
2016.8.14
訪れて来る神
2016.8.21
天からの権威
2016.8.28
使徒たちとともに
2016.9.4
神無き世を越えて
2016.9.11
神のものは神に
2016.9.18
神学論争の終わり
2016.9.25
メシアはダビデの子
2016.10.2朝礼拝
主のまなざし
2016.10.2夕礼拝
主イエスの言葉を思い出して
2016.10.16
終末のしるし
2016.10.23
解放の時は近い
2016.10.30
ゆるして自由になりなさい
2016.11.6
主の言葉は滅びず
2016.11.13
本当に大切なこと
2016.11.20
豊かに実を結ぶ
2016.11.27
新人類が現れた
2016.12.4
人間のたくらみ、神の備え
2016.12.11
宿命を超える主の愛
2016.12.18
必ず実現すること
2016.12.25
その名はインマヌエル
2017.1.1
あなたを造る聖書
2017.1.8
王は裸で踊る
2017.1.15
神無き死
2017.1.22
闇の支配
2017.1.29
発光するあなた
2017.2.5
主のまなざし
2017.2.12
神の子、イエス・キリスト
2017.2.19
イエスの沈黙
2017.2.26
衆愚の叫び
2017.3.5
どちらが憐れか
2017.3.12
あざ笑われるメシア
2017.3.19
主の愛の深さを知らされて
2017.3.26
闇の中の光